香川が“復調決勝弾”も…ザック日本はW杯本番へ問題山積

公開日: 更新日:

コスタリカに3対1で逆転勝利

 米国フロリダ州でブラジルW杯直前合宿中の日本代表が現地2日、コスタリカ代表と強化マッチを行った(日本時間3日午前10時キックオフ)。3対1で逆転勝利したものの、現在のザッケローニ日本の懸案事項が、ボロボロと出てきた試合だった。

 トップ下を務めたMF本田圭佑は、運動量が少なく、持ち前のキープ力もいまひとつ。遠藤の同点弾をアシストしたものの、本人は前半の決定機を逃がし、守備でもお粗末プレーの連続だった。

 吉田麻也と森重真人のCBコンビ、左SBで先発したDF今野泰幸は相手攻撃系選手の動きにアタフタ。31分の失点シーンは、森重のマークが甘くて左サイドからクロスを上げられ、ファーサイドで今野が捕まえ切れなかったFWルイスにズドンと決められた。

 この日はMF長谷部誠とDF酒井高徳がスタンドで試合観戦。ピッチ上の選手たちはピリッとせず、主将として精神的支柱の長谷部、左SBのバックアッパー酒井高はベンチにも入れない。ザッケローニも頭が痛いところだが、もうひとり主軸選手で気掛かりな選手がいた。FW香川真司だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る