援護なく4敗目…黒田が投げるとヤ軍打線はなぜ湿るのか?

公開日: 更新日:

7回2失点の健闘も

 順調なルーキーとは対照的にベテラン右腕が白星に見放されている。ヤンキース・黒田博樹(39)が8日(日本時間9日)のロイヤルズ戦に登板。7回を5安打2失点、3奪三振、2四球で4敗目(4勝)を喫した。

 二回に簡単に2死としながら、7番ケインに右越えの二塁打を浴びるなど4連打で2失点。その後は立ち直り、五回以降は3者凡退に仕留めたが、打線の援護に恵まれなかった。

 これで黒田は13試合に登板し、クオリティースタート(6回を3失点以内)は7度目。まずまずの投球を披露しながら、味方打線に見殺しにされるケースは少なくない。今季、黒田の1試合当たりの援護点(RS)はリーグ35位の3.77。同僚の田中(4.75=同17位)、レンジャーズ・ダルビッシュ(4.55=同21位)と比べてもRSの少なさは明らかだ。

■相手投手も触発されて…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る