メッツ松坂 打球直撃でうずくまるも3勝目で復調アピール

公開日:  更新日:

 メッツ・松坂大輔(33)が力感を取り戻した。

 10日(日本時間11日)のブルワーズ戦に今季3度目の先発。6回を3安打1失点、5三振、4四死球で今季3勝目(0敗)。先発としては2つ目の白星を手にした。

 もっかナ・リーグ中地区首位をひた走る好調なブルワーズ打線を相手に真っ向勝負を挑んだ。立ち上がりから直球主体の組み立てで、毎回のように走者を出しながらも踏みとどまった。一回、2四球で2死一、二塁とされながらも5番A・ラミレスを150キロ近い直球で詰まらせて左飛。五回は先頭打者を四球で歩かせながら、続くブラウンを148キロの速球で一ゴロ併殺。リーグMVP(11年)に選ばれるなど、今やメジャーを代表する強打者に仕事をさせず、グラブを叩いて喜びを爆発させた。

 六回にはアクシデントに見舞われる。先頭ゴメスの打球が右臀部(でんぶ)を直撃し、マウンド上でしばらくうずくまった。しかし、マウンドに駆けつけたコリンズ監督の心配をよそに笑顔で続投を志願。この回は結局、3者凡退で切り抜けて不安を感じさせなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る