大谷の投球にため息…噴出する巨人「高校生スター指名」待望論

公開日:  更新日:

 巨人ベンチからはため息が漏れた。11日に対戦した日本ハム先発の大谷が、初回に自身最速タイの160キロをマークした直後のことだ。

 巨人打線は二回に阿部と亀井の連打で1点をもぎ取ったものの、あとは大谷に牛耳られた。試合は延長戦を制して3連勝。交流戦首位に立った。原監督は大谷について「素晴らしい投手。先発をして7番の打席に入るという彼ならではの素晴らしい野球人」と絶賛した。19歳の若さで夢の160キロを投げる上、打者でもある「二刀流」。話題だけではない投手・大谷を初めて目の当たりにし、驚きを隠せない様子だった。

 この日、地上波で中継したテレビ朝日関係者は「大谷が先発で良かった」と漏らしていた。そりゃそうだ。投打で抜群の能力を発揮する大谷は、今や日本球界一の人気者。球宴のファン投票中間発表でも、パ・リーグ先発部門で堂々の1位となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る