大谷の投球にため息…噴出する巨人「高校生スター指名」待望論

公開日:  更新日:

 巨人ベンチからはため息が漏れた。11日に対戦した日本ハム先発の大谷が、初回に自身最速タイの160キロをマークした直後のことだ。

 巨人打線は二回に阿部と亀井の連打で1点をもぎ取ったものの、あとは大谷に牛耳られた。試合は延長戦を制して3連勝。交流戦首位に立った。原監督は大谷について「素晴らしい投手。先発をして7番の打席に入るという彼ならではの素晴らしい野球人」と絶賛した。19歳の若さで夢の160キロを投げる上、打者でもある「二刀流」。話題だけではない投手・大谷を初めて目の当たりにし、驚きを隠せない様子だった。

 この日、地上波で中継したテレビ朝日関係者は「大谷が先発で良かった」と漏らしていた。そりゃそうだ。投打で抜群の能力を発揮する大谷は、今や日本球界一の人気者。球宴のファン投票中間発表でも、パ・リーグ先発部門で堂々の1位となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る