株主の不満募る中…阪神・和田監督を安堵させた緒方の活躍

公開日:  更新日:

 阪神のフロントも、首脳陣もホッとしたんじゃないか。

 15日の西武戦で、大卒2年目の緒方凌介(23)が大活躍。1-1で迎えた五回、走者を2人置いてバックスクリーン右に飛び込む勝ち越し3ランを放った。打線はこれで勢いづき、計8得点で圧勝。和田監督が頬を緩めたのは、単に連敗を阻止したことだけが原因じゃないだろう。

 13日に行われた親会社・阪急阪神HDの株主総会では、不振に悩むメジャー帰りの福留の起用を巡って、采配批判が飛び出し、「このままいけばクビ」と“解雇通告”を突きつけられた。

 株主の不満はこれにとどまらない。「カネでチームをつくるのはやめて欲しい」と、福留をはじめとするメジャー帰りの選手を補強し続け、若手育成がままならないフロントの手腕にも、疑問を投げかけた。

 これを受けて、総会の翌日には球団トップの坂井オーナーが和田監督と会談。一部報道によれば、和田監督が謝罪する事態に発展したという。しかもチームはなかなか波に乗れず、首位巨人にジワジワとゲーム差を広げられる状況。坂井オーナーによると、契約最終年の和田監督の続投条件は「納得がいく成績」。このままいけば条件を満たすことなく、本当にチームを去ることになりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る