日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

浮足立った戦いばかりの阪神 原因は株主総会の重圧?

 勝つには勝ったが、スッキリしない試合だった。

 12日のロッテ戦は、八回に代打新井良の3点適時打で逆転し、そのまま逃げ切った。負ければ貯金ゼロという大ピンチを何とか切り抜けたものの、2度もロッテにリードを奪われるなどなかなか主導権を握れない試合展開。「野球で一番面白いのは8-7のスコア」と言ったのは、元米大統領のフランクリン・ルーズベルトだが、和田監督は終始、表情が硬かった。

 交流戦は投手陣の不調もあり、7勝11敗と失速。首位巨人には3.5ゲーム差とジワジワと引き離され、4位中日とは2差。Bクラス転落も現実味を帯びてきた。直近の12カード中、11カードで初戦を落として波に乗れないばかりか、3日の楽天戦は九回表まで3-0でリードしていたにもかかわらず、4点を奪われてサヨナラ負け。関西のスポーツ紙から「和田采配不可解」などと指揮官がヤリ玉に挙げられることもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事