猛批判に社長は…阪神が毎度「株主総会」に振り回されるワケ

公開日: 更新日:

「人気球団の宿命ですね」
 元オリックス球団代表の井箟重慶氏(関西国際大名誉教授)はこう言った。

 13日、阪神の親会社・阪急阪神HDの株主総会が行われ、株主から痛烈な球団批判が飛び出した。
「采配がわけがわかりませんのや。まあ続投はないと思います。このままいったらクビやと思いますが、やるなら本気でやれと(和田監督に)言っておいて下さい」

 1人の中年男性が公然と和田監督への不満を吐露。会場は笑いと拍手に包まれる異様な雰囲気に。またこの株主は「外国から帰ってきて、全然活躍せえへん人がいる。株主総会に合わせたかのように二軍に落とした」と、開幕から不振に陥る福留をわざわざこの総会直前の10日に二軍落ちさせた意図を見透かしているようだった。

 これに回答した南球団社長の口から出た驚きの言葉に、会場はさらにヒートアップする。「どうしても負けが込むと監督の采配だったり、ベンチワークばかりがクローズアップされる」としながらも、「実際、ベンチで負けた試合もあろうかと思いますが、選手起用、采配は監督の専権事項。信頼して任せたい」と、和田監督の采配下手を認めるような発言をしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    総務省に新疑惑!東北新社に「脱法スキーム」指南の可能性

もっと見る