鶴岡も離脱…“捕手受難”続きの阪神で露呈した「育成下手」

公開日: 更新日:

「鶴岡不在でボロボロになってるようではアカンのやけど……」

 阪神OBの評論家・福間納氏がこう言う。29日の西武戦はとんでもないボロ試合だった。6人の投手が19安打を浴びて大量13失点。目下、12球団最弱の西武に連敗である。投壊の原因は、チーム最多の26試合にスタメンマスクをかぶる鶴岡(36)の離脱(右脇腹痛)も影響しているのだろう。

「捕手が誰であろうが投手がしっかり抑えるのが基本とはいえ、この日の投手は捕手の梅野とイマイチ呼吸が合っていなかったように見えた。梅野は新人で経験不足もあるかもしれないが、彼が要求したコースに投げきれず、甘く入って何本も痛打を浴びた。投手も本当にこのコースでいいのか、と信用しきれなかったのかもしれない」(福間氏)

 それにしても阪神の捕手は受難続きだ。今季は藤井、鶴岡が相次いで故障離脱。03年、05年優勝メンバーの矢野以降、正捕手を固定できず、しかも獲得した捕手は、すでに引退した城島を筆頭にケガばかりしている。球界では「阪神の捕手は何かにとりつかれているんじゃないか」との話もある。しかも阪神には、捕手を育てる意思が見えてこない。24日以降、3試合で先発マスクをかぶり、27日には藤浪を好リードするなど投手陣を引っ張った清水をこの日は使わず、新人の梅野を先発起用した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  6. 6

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  7. 7

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る