鶴岡も離脱…“捕手受難”続きの阪神で露呈した「育成下手」

公開日: 更新日:

「鶴岡不在でボロボロになってるようではアカンのやけど……」

 阪神OBの評論家・福間納氏がこう言う。29日の西武戦はとんでもないボロ試合だった。6人の投手が19安打を浴びて大量13失点。目下、12球団最弱の西武に連敗である。投壊の原因は、チーム最多の26試合にスタメンマスクをかぶる鶴岡(36)の離脱(右脇腹痛)も影響しているのだろう。

「捕手が誰であろうが投手がしっかり抑えるのが基本とはいえ、この日の投手は捕手の梅野とイマイチ呼吸が合っていなかったように見えた。梅野は新人で経験不足もあるかもしれないが、彼が要求したコースに投げきれず、甘く入って何本も痛打を浴びた。投手も本当にこのコースでいいのか、と信用しきれなかったのかもしれない」(福間氏)

 それにしても阪神の捕手は受難続きだ。今季は藤井、鶴岡が相次いで故障離脱。03年、05年優勝メンバーの矢野以降、正捕手を固定できず、しかも獲得した捕手は、すでに引退した城島を筆頭にケガばかりしている。球界では「阪神の捕手は何かにとりつかれているんじゃないか」との話もある。しかも阪神には、捕手を育てる意思が見えてこない。24日以降、3試合で先発マスクをかぶり、27日には藤浪を好リードするなど投手陣を引っ張った清水をこの日は使わず、新人の梅野を先発起用した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    総務省に新疑惑!東北新社に「脱法スキーム」指南の可能性

もっと見る