6点猛攻で楽天を粉砕 ファンも信じたい広島の巻き返し

公開日: 更新日:

 これ以上ぶざまな試合は出来ない。

 18日、広島はエルドレッドの22号2ランをはじめ、11安打6点の猛攻で楽天を粉砕。これで9連敗の後、2連勝だ。

 一時期は首位をキープするなど例年にない快進撃を見せ、オールスターの中間発表でも6選手がトップ票を獲得していた。ところが、交流戦に入るや急失速。順位も首位から3位に転落した。

 それでもファンは諦めず、この日発表された2度目の球宴中間発表でも、トップの6選手は変わらず1位。これ以上黒星を重ねるようなら、投票してくれたファンにも顔向けできない。

 初回に先制適時打を打った丸はお立ち台で「ファンの皆さんに悔しい思いをさせた。ここから巻き返したい」と話した。その言葉をファンも信じたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  10. 10

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

もっと見る