5試合50失点…投手陣崩壊の広島“トンネル”はどこまで?

公開日: 更新日:

「いまは首位うんぬんと言える野球じゃない」

 広島の野村監督が吐き捨てた。8日のオリックス戦に敗れ、今季ワーストの5連敗。ここまで守ってきた首位の座を巨人に明け渡してのコメントだ。

 なにしろ5連敗中の総失点は50。1試合平均10点も取られているのだから、「首位うんぬんの野球じゃない」と言いたくなるのも当然だ。この日はチームの勝ち頭であるバリントンが5回もたずにKOされた。

 打線もふるわない。5試合で13得点。この日は主砲のエルドレッドが夫人の体調不良で試合を欠場した。

 野村監督は試合後、不振の続くキラの二軍降格を決断、「とにかく自分たちの野球ができるようにしなければいけないよね」と言ったものの、明るい兆しは見えない。

「広島が元気なのはこいのぼりの季節まで」と言われる。投手陣が元気な今年は例年と違うと、ここまで“定説”を吹き飛ばす奮闘を続けてきたとはいえ、その最大の武器が崩壊しつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  9. 9

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  10. 10

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る