5試合50失点…投手陣崩壊の広島“トンネル”はどこまで?

公開日: 更新日:

「いまは首位うんぬんと言える野球じゃない」

 広島の野村監督が吐き捨てた。8日のオリックス戦に敗れ、今季ワーストの5連敗。ここまで守ってきた首位の座を巨人に明け渡してのコメントだ。

 なにしろ5連敗中の総失点は50。1試合平均10点も取られているのだから、「首位うんぬんの野球じゃない」と言いたくなるのも当然だ。この日はチームの勝ち頭であるバリントンが5回もたずにKOされた。

 打線もふるわない。5試合で13得点。この日は主砲のエルドレッドが夫人の体調不良で試合を欠場した。

 野村監督は試合後、不振の続くキラの二軍降格を決断、「とにかく自分たちの野球ができるようにしなければいけないよね」と言ったものの、明るい兆しは見えない。

「広島が元気なのはこいのぼりの季節まで」と言われる。投手陣が元気な今年は例年と違うと、ここまで“定説”を吹き飛ばす奮闘を続けてきたとはいえ、その最大の武器が崩壊しつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る