QSはクリアしてるのに…広島・九里がてんで勝てないワケ

公開日:  更新日:

 広島の新人右腕・九里亜蓮(22)が勝ち星から見放されている。
 4月19日のDeNA戦で今季2勝目を挙げた後、7試合の登板(うち6試合先発)で白星なし。6日のソフトバンク戦でも3回8安打9失点(自責点2)でKOされ、本人は試合後、「(相手打者が)失投を見逃してくれなかった」とうなだれた。

 とはいえ、九里の防御率はこの日の登板前まで3.42。防御率2点台の前田、大瀬良、バリントンには及ばないものの、過去3試合に限っていえば、「好投の条件」といわれる「6回、自責点3点以内」というQS(クオリティースタート)はクリアしている。それでも九里に白星が転がり込まないのは、味方打線の援護に恵まれないことも大きい。

■テンポがイマイチ

「これという決め球がなく、制球もアバウトな九里はいきおい、球数が増えて味方の守備のテンポが悪くなりがち。野手がリズムに乗りにくいのは確か。マエケン、大瀬良、バリントンは投球テンポがよくて、守備陣は常に動けるし守りやすいと評判です。この差が打線の援護と白星の数に表れている」とは広島のチーム関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る