QSはクリアしてるのに…広島・九里がてんで勝てないワケ

公開日: 更新日:

 広島の新人右腕・九里亜蓮(22)が勝ち星から見放されている。
 4月19日のDeNA戦で今季2勝目を挙げた後、7試合の登板(うち6試合先発)で白星なし。6日のソフトバンク戦でも3回8安打9失点(自責点2)でKOされ、本人は試合後、「(相手打者が)失投を見逃してくれなかった」とうなだれた。

 とはいえ、九里の防御率はこの日の登板前まで3.42。防御率2点台の前田、大瀬良、バリントンには及ばないものの、過去3試合に限っていえば、「好投の条件」といわれる「6回、自責点3点以内」というQS(クオリティースタート)はクリアしている。それでも九里に白星が転がり込まないのは、味方打線の援護に恵まれないことも大きい。

■テンポがイマイチ

「これという決め球がなく、制球もアバウトな九里はいきおい、球数が増えて味方の守備のテンポが悪くなりがち。野手がリズムに乗りにくいのは確か。マエケン、大瀬良、バリントンは投球テンポがよくて、守備陣は常に動けるし守りやすいと評判です。この差が打線の援護と白星の数に表れている」とは広島のチーム関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る