• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神打線をピシャリ 日ハム大谷「器用貧乏」からの脱却

 昨年の沖縄・名護キャンプ。プロ1年目の大谷翔平(19)を見た首脳陣のひとりは「器用貧乏なのかもしれない」と言った。

 投打ともソツなくこなすものの、いずれもプロとしては平均点。打者として中田ほどのパワーを発揮するわけでもなければ、投手としても球は速くても、かつてのダルのような制球力を持ち合わせているわけではない。投打とも中途半端に終わってしまうのではないかという不安はしかし、1年あまりで吹き飛んだ。

 少なくとも投手に関していえば、ローテーションの柱として一本立ちしつつある。

 18日の阪神戦は8回を1安打、無四球11奪三振でピシャリ。球速も3試合続けて160キロをマークした。完全試合を逃れるのがやっとだった和田監督は、こう言って舌を巻いた。
「オープン戦のときと全然違う。いいピッチャーじゃなくて、スゴいピッチャー。ストレートはもちろん、変化球でもストライクが取れる。的を絞ったけど、攻略できなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事