• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

決勝T進出かける日本 「バルデラマ2世」を止められるか?

 崖っぷちが続く日本代表が3戦目で対戦するコロンビア代表が、改めて強さを見せつけた。初戦で日本を破ったコートジボワールを相手に2―1で快勝。攻撃の中心を担うMFロドリゲス(22)が躍動した。

 後半19分、左CKから絶妙なヘディングで先制点を叩き込む。マークについていたドログバを相手に一瞬だけ先に動きだして前に入り込み、ドンピシャのタイミングで流しこんだ。後半25分には、センターサークル付近でボールを奪い、素早く中央のFWグティエレスへ。右から抜けだしたMFキンテロにつながり、鋭いショートカウンターを成功させた。

 ロドリゲスは、かつてコロンビア代表の絶対的な司令塔として君臨したバルデラマと同じ「10番」を背負い、母国では「バルデラマ2世」といわれている。古典的なゲームメーカーだったバルデラマとはまったくタイプが違うが、チームの攻撃をつかさどっているところはまさに“再来”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る