• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国をもひとつにするコートジの英雄ドログバの生い立ち

 この日のコロンビア戦は後半14分からの登場も逆転劇には至らなかったが、母国を大いに沸かせたはずだ。

 1978年3月11日、コートジボワール最大の都市アビジャン生まれ。5歳にして、銀行員の父アルベールに、プロサッカー選手だった叔父が暮らすフランスに向かうよう命じられた。それはサッカーを学ぶためではなく、「幼い頃からヨーロッパで教養を身につけさせたい」という父の願いから。そんな生い立ちがドログバに「品性」を与えたのではないか。

 本格的にサッカーを始めたのは13歳。地元のルバロアSCでキャリアをスタートさせた。マルセイユやチェルシーなどの名門クラブでゴールを重ね、プレミアリーグ得点王、アフリカ最優秀選手を各2回獲得するなどスーパースターとして君臨した。

「成功した者は社会に還元する義務がある」を信条とし、南部と北部が鋭く対立して半ば内戦状態だった国内に向け、サッカーを通じて和平を訴え、500万ドルの私財を投じて5つの病院を建設。07年には「ディディエ・ドログバ基金」を創設して子供たちの教育を援助している。そうした活動が評価され、10年には「世界で影響力がある100人」に選ばれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る