• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ウルグアイ勝利 復活L・スアレスが独壇場の2ゴール

〝死のグループ〟D組で初戦をともに落とした後古豪ウルグアイとサッカ母国イングランド。直接対決は両エースのゴール数が、そのままを明暗を分ける結果となった。

 復帰早々の2ゴールでウルグアイに初勝利をもたらしたのはスアレス(27)。左膝を5月22日に手術した影響で初戦を欠場したエースは前半39分、FWカバーニがペナルテイーエリア外左からふわりと上げたからクロスに反応。イングランドDFジャギエルカの裏を取り、難しい体勢からGKハートの動きをしっかり見て、逆を突くヘディングシュートで先制。

 1-1で迎えた後半40分、味方のロングパスがイングランドDFに当たり、ゴール方向に流れたボールに追いつくと冷静にトラップ。豪快に右足を振り抜いて決勝弾を決めた。

 初戦コスタリカ戦はカバーニの相棒にフォルランを起用せざるを得なかったウルグアイだが、適役は間違いなくスアレス。やはり役者が違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る