• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ウルグアイ勝利 復活L・スアレスが独壇場の2ゴール

〝死のグループ〟D組で初戦をともに落とした後古豪ウルグアイとサッカ母国イングランド。直接対決は両エースのゴール数が、そのままを明暗を分ける結果となった。

 復帰早々の2ゴールでウルグアイに初勝利をもたらしたのはスアレス(27)。左膝を5月22日に手術した影響で初戦を欠場したエースは前半39分、FWカバーニがペナルテイーエリア外左からふわりと上げたからクロスに反応。イングランドDFジャギエルカの裏を取り、難しい体勢からGKハートの動きをしっかり見て、逆を突くヘディングシュートで先制。

 1-1で迎えた後半40分、味方のロングパスがイングランドDFに当たり、ゴール方向に流れたボールに追いつくと冷静にトラップ。豪快に右足を振り抜いて決勝弾を決めた。

 初戦コスタリカ戦はカバーニの相棒にフォルランを起用せざるを得なかったウルグアイだが、適役は間違いなくスアレス。やはり役者が違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る