ジエゴ・コスタを襲った「スペインの嫉妬」「ブラジルの反感」

公開日: 更新日:

 現時点で今大会最大のサプライズは、前回優勝国のスペイン代表が2敗し、早々とグループリーグで敗退したことだ。その戦犯のひとりは、フォワードのジエゴコスタ(25)。彼がボールを持つと観客席から大きなブーイングが沸き起こっていたことに気がついただろう。そのブーイングは対戦国のサポーターからではなく地元ブラジル人から出たものだった――。

 ジエゴ・コスタは、ブラジル北東部セルジッペ州のラガルトという小さな町で生まれた。14歳の時、代理人の目に留まり、欧州へ向かった。いくつかのクラブでプレーした後、2010年シーズン途中、スペインの名門、アトレチコ・マドリードで頭角を現した。昨年6月にはスペイン国籍を取得している。つまりブラジル生まれのスペイン代表だったのだ。

 今大会、頭突きで退場したポルトガル代表のDFぺぺをはじめ、ブラジル人選手が他国の代表になることは珍しくない。日本でも、呂比須ワグナー、田中マルクス闘莉王などが国籍取得し、日本代表としてW杯に出場してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

もっと見る