ジエゴ・コスタを襲った「スペインの嫉妬」「ブラジルの反感」

公開日:  更新日:

 現時点で今大会最大のサプライズは、前回優勝国のスペイン代表が2敗し、早々とグループリーグで敗退したことだ。その戦犯のひとりは、フォワードのジエゴコスタ(25)。彼がボールを持つと観客席から大きなブーイングが沸き起こっていたことに気がついただろう。そのブーイングは対戦国のサポーターからではなく地元ブラジル人から出たものだった――。

 ジエゴ・コスタは、ブラジル北東部セルジッペ州のラガルトという小さな町で生まれた。14歳の時、代理人の目に留まり、欧州へ向かった。いくつかのクラブでプレーした後、2010年シーズン途中、スペインの名門、アトレチコ・マドリードで頭角を現した。昨年6月にはスペイン国籍を取得している。つまりブラジル生まれのスペイン代表だったのだ。

 今大会、頭突きで退場したポルトガル代表のDFぺぺをはじめ、ブラジル人選手が他国の代表になることは珍しくない。日本でも、呂比須ワグナー、田中マルクス闘莉王などが国籍取得し、日本代表としてW杯に出場してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る