• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いまだ腹痛の影響が…今季初黒星の松坂が「夏男」返上危機

 20日のマーリンズ戦に4勝目(0敗)をかけて登板、6回途中1失点とまずまずの投球だったものの、打線の援護がなく今季初黒星を喫したメッツの松坂大輔(33)だが、心配なのが腹痛が及ぼす今後への影響だ。

 15日(日本時間16日)のパドレス戦で腹痛を訴え、1回で降板。その後、17日のカージナルス戦に中継ぎ登板。1回を無失点に抑えたとはいえ、「体にだるい感じが残っていたけど、気力で投げた」と本調子には程遠い様子だった。

 松坂は「朝はみんなと同じものを食べたし、昨夜も生ものを食べていない」と話したが、腹痛の原因は食当たりとみられる。依然として食欲はわかず、スープしか喉を通らない状態らしい。徐々にではあるものの体重は減っているそうで、このまま食欲が戻らなければ、ベスト体重である84キロを下回りかねない。松坂にとっては死活問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る