いまだ腹痛の影響が…今季初黒星の松坂が「夏男」返上危機

公開日: 更新日:

 20日のマーリンズ戦に4勝目(0敗)をかけて登板、6回途中1失点とまずまずの投球だったものの、打線の援護がなく今季初黒星を喫したメッツの松坂大輔(33)だが、心配なのが腹痛が及ぼす今後への影響だ。

 15日(日本時間16日)のパドレス戦で腹痛を訴え、1回で降板。その後、17日のカージナルス戦に中継ぎ登板。1回を無失点に抑えたとはいえ、「体にだるい感じが残っていたけど、気力で投げた」と本調子には程遠い様子だった。

 松坂は「朝はみんなと同じものを食べたし、昨夜も生ものを食べていない」と話したが、腹痛の原因は食当たりとみられる。依然として食欲はわかず、スープしか喉を通らない状態らしい。徐々にではあるものの体重は減っているそうで、このまま食欲が戻らなければ、ベスト体重である84キロを下回りかねない。松坂にとっては死活問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  8. 7

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  9. 8

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  10. 9

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  11. 10

    チャンミン結婚へ 東方神起とJYJにみる韓国芸能界の光と影

もっと見る