結果オーライ? ソフトバンク「交流戦Vなら低迷」ジンクス

公開日: 更新日:

 交流戦優勝を懸けた巨人戦に敗れたソフトバンク。しかし、試合後の秋山監督は悔しがるどころか、いつもと変わらぬマイペースぶりだった。

 二回途中6失点で降板した先発の2年目・飯田について、とぼけた口調で「ヨーイドンだよ、ヨーイドン。雰囲気にのまれた? あるんじゃ、ないですかあ~?」と言えば、「明後日、(ケガで離脱中の)内川が二軍で実戦復帰しますが? まだ復帰してねーよ」と、とんちんかんな返答で担当記者らを困らせるさまも普段通りである。

 そもそも、秋山監督は「交流戦は他のパのチームよりいかに多く勝つか」が持論。この日の優勝決定戦も、あくまで144試合中の1試合という認識だった。優勝にまったく執着しない態度に「ウソでもいいからもう少し選手を鼓舞してもらいたいんだけど」とチーム関係者からはそんな声も上がっていたが、これは過去の交流戦成績とは無関係ではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  8. 7

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    チャンミン結婚へ 東方神起とJYJにみる韓国芸能界の光と影

  11. 10

    横山やすしは謹慎中も絶好調!朝からずっと酒を飲み続けた

もっと見る