• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

結果オーライ? ソフトバンク「交流戦Vなら低迷」ジンクス

 交流戦優勝を懸けた巨人戦に敗れたソフトバンク。しかし、試合後の秋山監督は悔しがるどころか、いつもと変わらぬマイペースぶりだった。

 二回途中6失点で降板した先発の2年目・飯田について、とぼけた口調で「ヨーイドンだよ、ヨーイドン。雰囲気にのまれた? あるんじゃ、ないですかあ~?」と言えば、「明後日、(ケガで離脱中の)内川が二軍で実戦復帰しますが? まだ復帰してねーよ」と、とんちんかんな返答で担当記者らを困らせるさまも普段通りである。

 そもそも、秋山監督は「交流戦は他のパのチームよりいかに多く勝つか」が持論。この日の優勝決定戦も、あくまで144試合中の1試合という認識だった。優勝にまったく執着しない態度に「ウソでもいいからもう少し選手を鼓舞してもらいたいんだけど」とチーム関係者からはそんな声も上がっていたが、これは過去の交流戦成績とは無関係ではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る