結果オーライ? ソフトバンク「交流戦Vなら低迷」ジンクス

公開日:  更新日:

 交流戦優勝を懸けた巨人戦に敗れたソフトバンク。しかし、試合後の秋山監督は悔しがるどころか、いつもと変わらぬマイペースぶりだった。

 二回途中6失点で降板した先発の2年目・飯田について、とぼけた口調で「ヨーイドンだよ、ヨーイドン。雰囲気にのまれた? あるんじゃ、ないですかあ~?」と言えば、「明後日、(ケガで離脱中の)内川が二軍で実戦復帰しますが? まだ復帰してねーよ」と、とんちんかんな返答で担当記者らを困らせるさまも普段通りである。

 そもそも、秋山監督は「交流戦は他のパのチームよりいかに多く勝つか」が持論。この日の優勝決定戦も、あくまで144試合中の1試合という認識だった。優勝にまったく執着しない態度に「ウソでもいいからもう少し選手を鼓舞してもらいたいんだけど」とチーム関係者からはそんな声も上がっていたが、これは過去の交流戦成績とは無関係ではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る