• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「便利屋」から脱却したソフトバンク岩崎翔の“才能”

投稿日:  更新日:

「1発目のチャンスをきっちりモノにしたいという思いで1カ月以上、二軍でやってきた。いいピッチングができてよかったです」

 15日のロッテ戦後のヒーローインタビュー。市立船橋高卒の右腕は地元での今季初勝利に笑みを浮かべた。

 今季初登板、初先発でも序盤から冷静だった。初回に犠飛で1失点したものの、その後は140キロ台の直球とカーブ、スライダー、チェンジアップ、フォークと多彩な変化球を織り交ぜながら要所を締める。完投こそ逃したが、8回7安打1失点で切り抜けた。

■秋山監督が重用

 プロ7年目。同期はこの日投げ合ったロッテ・唐川や日本ハム・中田ら。ライバルに後れを取ったが、これには自身の非凡な才能とチーム事情があった。

 3年前の11年にプロ初勝利を含む6勝(2敗)を挙げるなどプチブレーク。将来のエースと期待された。翌12年はその勢いのまま先発の一角として期待されながら、2ケタ敗戦(5勝10敗)で中継ぎに。その後、好救援を何度も見せたことで、チーム首脳陣からセットアッパーに見込まれてしまう。以後は谷間の先発と中継ぎを兼務。力があればこその便利屋だが、「先発の柱に」という当初のレールから外れかけた。この日も右肩違和感で登録抹消になったエース・摂津の代役として一軍に合流、先発マウンドに上がった。こうした使われ方が先発としての開花を遅らせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る