起点はロドリゲス コロンビアの「右サイド偏重攻撃」に要注意

公開日:  更新日:

 ブラジルW杯1次リーグC組で唯一、突破を決めているコロンビア。ほとんどの攻撃は、背番号10のMFロドリゲスを経由していく。

 このロドリゲスがクセ者だ。かつてコロンビア代表を率い、90年代を代表する技巧派司令塔と呼ばれたMFバルデラマの再来といわれ、移籍金60億円で引き抜かれた仏1部モナコでも大活躍中。ボールを受けると利き足の左足から「右サイド」にパスを送り、波状攻撃の起点となっている。

 初戦ギリシャ戦、2戦目コートジボワール戦でロドリゲスは、まずトップのFWグティエレスか2列目右のMFクアドラードにパスを送る。相手マークで出せない場合は右ボランチのMFアギラルに送って再構築。右SBスニガとの相性もバッチリだ。攻撃参加に合わせて絶妙パスを送って畳み掛けていく。

■コロンビアは怪我人相次ぐというが…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る