起点はロドリゲス コロンビアの「右サイド偏重攻撃」に要注意

公開日: 更新日:

 ブラジルW杯1次リーグC組で唯一、突破を決めているコロンビア。ほとんどの攻撃は、背番号10のMFロドリゲスを経由していく。

 このロドリゲスがクセ者だ。かつてコロンビア代表を率い、90年代を代表する技巧派司令塔と呼ばれたMFバルデラマの再来といわれ、移籍金60億円で引き抜かれた仏1部モナコでも大活躍中。ボールを受けると利き足の左足から「右サイド」にパスを送り、波状攻撃の起点となっている。

 初戦ギリシャ戦、2戦目コートジボワール戦でロドリゲスは、まずトップのFWグティエレスか2列目右のMFクアドラードにパスを送る。相手マークで出せない場合は右ボランチのMFアギラルに送って再構築。右SBスニガとの相性もバッチリだ。攻撃参加に合わせて絶妙パスを送って畳み掛けていく。

■コロンビアは怪我人相次ぐというが…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る