4.6億円vs6億円 巨人で勃発した超金満ローテ争い

公開日: 更新日:

 交流戦優勝の巨人が先発ローテーションを再編する。

 巨人は25日、東京ドームで練習を行い、冒頭の投内連係などを報道陣に非公開にした。原辰徳監督(55)は「サインプレー? そう。君たちは野球をよく知っているから、(サインを)解読されちゃ困るから。きのうは個、今日はチーム練習ですね」とし、続けて肩痛からの復帰を目指す内海と沢村の一軍合流時期について言及した。

「沢村は6連戦(7月1~6日)、内海は順調なら下(二軍)で放ってから、沖縄(同8、9日)で合流する可能性がある。(故障明けでも)基本的には中5日で回す。(先発)5人に入ってくるか、球宴までに見極めるのが我々の作業だね」

 交流戦終盤、巨人の先発陣はリーグトップタイの8勝(3敗)の菅野を中心に、小山、杉内、大竹の4人でローテを回し、今村と笠原が谷間を埋めた。それを球宴までの1カ月間でブッ壊すというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

もっと見る