4.6億円vs6億円 巨人で勃発した超金満ローテ争い

公開日:  更新日:

 交流戦優勝の巨人が先発ローテーションを再編する。

 巨人は25日、東京ドームで練習を行い、冒頭の投内連係などを報道陣に非公開にした。原辰徳監督(55)は「サインプレー? そう。君たちは野球をよく知っているから、(サインを)解読されちゃ困るから。きのうは個、今日はチーム練習ですね」とし、続けて肩痛からの復帰を目指す内海と沢村の一軍合流時期について言及した。

「沢村は6連戦(7月1~6日)、内海は順調なら下(二軍)で放ってから、沖縄(同8、9日)で合流する可能性がある。(故障明けでも)基本的には中5日で回す。(先発)5人に入ってくるか、球宴までに見極めるのが我々の作業だね」

 交流戦終盤、巨人の先発陣はリーグトップタイの8勝(3敗)の菅野を中心に、小山、杉内、大竹の4人でローテを回し、今村と笠原が谷間を埋めた。それを球宴までの1カ月間でブッ壊すというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る