4.6億円vs6億円 巨人で勃発した超金満ローテ争い

公開日: 更新日:

 交流戦優勝の巨人が先発ローテーションを再編する。

 巨人は25日、東京ドームで練習を行い、冒頭の投内連係などを報道陣に非公開にした。原辰徳監督(55)は「サインプレー? そう。君たちは野球をよく知っているから、(サインを)解読されちゃ困るから。きのうは個、今日はチーム練習ですね」とし、続けて肩痛からの復帰を目指す内海と沢村の一軍合流時期について言及した。

「沢村は6連戦(7月1~6日)、内海は順調なら下(二軍)で放ってから、沖縄(同8、9日)で合流する可能性がある。(故障明けでも)基本的には中5日で回す。(先発)5人に入ってくるか、球宴までに見極めるのが我々の作業だね」

 交流戦終盤、巨人の先発陣はリーグトップタイの8勝(3敗)の菅野を中心に、小山、杉内、大竹の4人でローテを回し、今村と笠原が谷間を埋めた。それを球宴までの1カ月間でブッ壊すというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る