六回途中KO 巨人・大竹に早くもローテ落ち危機

公開日: 更新日:

 交流戦首位で2度目の優勝は目前の巨人。そんな中、FA右腕が後がない状況に追い込まれた。

 18日のオリックス戦に先発した大竹寛(31)が同点の六回、先頭打者に死球を与えたところで、原監督に交代を告げられた。
 球数はまだ79球。これからというところでの降板だった。チームの連勝は7でストップ。試合後の本人は「何も仕事ができずに交代になってしまって申し訳ない」とうなだれた。

 負けこそつかなかったものの、大竹は現在5勝3敗、防御率4.36。5月9日に5勝目を挙げて以来、1カ月以上も勝ち星から遠ざかっている。原監督は「大竹の降板の仕方が良くない? まあ、重箱の隅をつつくようなことを言ったらそうだけど」と右腕をやり玉に挙げることは避けたとはいえ、まるで若手のような交代劇が大竹への信頼度を表していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る