六回途中KO 巨人・大竹に早くもローテ落ち危機

公開日:  更新日:

 交流戦首位で2度目の優勝は目前の巨人。そんな中、FA右腕が後がない状況に追い込まれた。

 18日のオリックス戦に先発した大竹寛(31)が同点の六回、先頭打者に死球を与えたところで、原監督に交代を告げられた。
 球数はまだ79球。これからというところでの降板だった。チームの連勝は7でストップ。試合後の本人は「何も仕事ができずに交代になってしまって申し訳ない」とうなだれた。

 負けこそつかなかったものの、大竹は現在5勝3敗、防御率4.36。5月9日に5勝目を挙げて以来、1カ月以上も勝ち星から遠ざかっている。原監督は「大竹の降板の仕方が良くない? まあ、重箱の隅をつつくようなことを言ったらそうだけど」と右腕をやり玉に挙げることは避けたとはいえ、まるで若手のような交代劇が大竹への信頼度を表していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る