出戻りの阪神・建山に「背番号53」…ファンの複雑な心境

公開日: 更新日:

「んなアホな!」
 思わずそう叫んだ虎ファンもいたはずだ。

 25日に球団事務所で入団会見を行った阪神の建山義紀(38、前ヤンキース3A)。
「エキサイティングしている。興奮しますね」と話したが、注目すべきはその背番号。53番といえば、2009年に引退した赤星(現評論家)が背負い続けてきた番号だ。

 赤星といえば、01年から5年連続盗塁王のタイトルを獲得。3割を打ったシーズンも多く、中堅手として攻守にわたって活躍した功労者だ。脊髄損傷で無念の引退という経緯もあり、惜しまれながらユニホームを脱いだ09年には沼沢球団本部長(当時)も「来年は誰にも付けさせない」と明言。その後も53番を付ける選手はおらず、球団からも半ば永久欠番のような扱いになっていた。それだけファンの支持があったからでもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る