阪神が獲得へ 前ヤンキース建山に「過度な期待は酷」の声

公開日: 更新日:

 救世主になるか――。阪神が前ヤンキース3Aの右腕・建山義紀(38)を獲得するという。

 阪神は交流戦で9勝15敗と失速。貯金を使い果たし、34勝34敗の3位で公式戦に再突入する。今季は、23日時点でチーム防御率4.05と投手陣が不調。中でも、勝利の方程式として活躍した福原(23試合、2勝2敗、防御率3.27)、安藤(27試合、3勝2敗、防御率4.44)が揃って精彩を欠いている。

 そこで、5月にヤンキースを自由契約になった建山に白羽の矢が立ったわけだ。

 建山は日本ハムから10年オフ、レンジャーズにFA移籍。1年目の11年は、主に右のワンポイントとして39試合に登板、2勝1セーブ、防御率4.50。昨季中にヤンキースに移籍し、3Aで21試合に登板して2勝2敗1セーブ、防御率1.70。今季は3Aで9試合0勝1敗、防御率6.08と低迷。13年以降は一度もメジャー登板はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る