阪神が獲得へ 前ヤンキース建山に「過度な期待は酷」の声

公開日:  更新日:

 救世主になるか――。阪神が前ヤンキース3Aの右腕・建山義紀(38)を獲得するという。

 阪神は交流戦で9勝15敗と失速。貯金を使い果たし、34勝34敗の3位で公式戦に再突入する。今季は、23日時点でチーム防御率4.05と投手陣が不調。中でも、勝利の方程式として活躍した福原(23試合、2勝2敗、防御率3.27)、安藤(27試合、3勝2敗、防御率4.44)が揃って精彩を欠いている。

 そこで、5月にヤンキースを自由契約になった建山に白羽の矢が立ったわけだ。

 建山は日本ハムから10年オフ、レンジャーズにFA移籍。1年目の11年は、主に右のワンポイントとして39試合に登板、2勝1セーブ、防御率4.50。昨季中にヤンキースに移籍し、3Aで21試合に登板して2勝2敗1セーブ、防御率1.70。今季は3Aで9試合0勝1敗、防御率6.08と低迷。13年以降は一度もメジャー登板はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る