ベルギー追い詰めた米国 「サッカー不毛」返上チャンス逃す

公開日:  更新日:

 3大会ぶりのベスト8進出を懸けた米国がベルギーと対戦。序盤から防戦一方で、ベルギー攻撃陣にシュートを浴びまくる。それでも、GKハワード(35)がスーパーセーブを連発。DF陣も体を張ってシュートを阻み、0-0のまま延長戦に突入した。

 延長前半3分、31本目のシュートを放ったMFデブルイネ(22)に決められ、15分にもFWルカク(21)にゴールを許す。米国は延長後半2分にMFグリーン(19)が1点を返した後も猛攻を見せたが及ばなかった。

 米国にとって、今回のW杯は「サッカー不毛の地」の汚名を返上する大チャンスだった。米国では「4大プロスポーツ」といわれるアメリカンフットボール、野球、バスケットボール、アイスホッケーの人気が高く、サッカーのプロリーグは「発足しては潰れる」というパターンを繰り返してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る