ベルギー追い詰めた米国 「サッカー不毛」返上チャンス逃す

公開日: 更新日:

 3大会ぶりのベスト8進出を懸けた米国がベルギーと対戦。序盤から防戦一方で、ベルギー攻撃陣にシュートを浴びまくる。それでも、GKハワード(35)がスーパーセーブを連発。DF陣も体を張ってシュートを阻み、0-0のまま延長戦に突入した。

 延長前半3分、31本目のシュートを放ったMFデブルイネ(22)に決められ、15分にもFWルカク(21)にゴールを許す。米国は延長後半2分にMFグリーン(19)が1点を返した後も猛攻を見せたが及ばなかった。

 米国にとって、今回のW杯は「サッカー不毛の地」の汚名を返上する大チャンスだった。米国では「4大プロスポーツ」といわれるアメリカンフットボール、野球、バスケットボール、アイスホッケーの人気が高く、サッカーのプロリーグは「発足しては潰れる」というパターンを繰り返してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る