ベルギー追い詰めた米国 「サッカー不毛」返上チャンス逃す

公開日:  更新日:

 3大会ぶりのベスト8進出を懸けた米国がベルギーと対戦。序盤から防戦一方で、ベルギー攻撃陣にシュートを浴びまくる。それでも、GKハワード(35)がスーパーセーブを連発。DF陣も体を張ってシュートを阻み、0-0のまま延長戦に突入した。

 延長前半3分、31本目のシュートを放ったMFデブルイネ(22)に決められ、15分にもFWルカク(21)にゴールを許す。米国は延長後半2分にMFグリーン(19)が1点を返した後も猛攻を見せたが及ばなかった。

 米国にとって、今回のW杯は「サッカー不毛の地」の汚名を返上する大チャンスだった。米国では「4大プロスポーツ」といわれるアメリカンフットボール、野球、バスケットボール、アイスホッケーの人気が高く、サッカーのプロリーグは「発足しては潰れる」というパターンを繰り返してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る