ベルギー1位通過 昨季の“汚名返上”にフェライニ虎視眈々

公開日: 更新日:

 H組1位で決勝トーナメント(T)に駒を進めたベルギーのMFマルアン・フェライニ(26)の13-14年シーズンは散々だった。

 12年まで所属したイングランド・プレミアリーグ、エバートン監督だったモイーズがマンチェスターUの指揮官に転じたのがコトの発端。モイーズを「父以上に慕っている」フェライニもマンU入りを望み、モイーズも古巣に獲得オファーを出した。が、エバートンはマンUが出した条件を拒否。移籍は暗礁に乗り上げたかに見えた。そこでフェライニは一計を案じた。

「自らマンUのファンクラブの会員に登録して公表。もうエバートンで戦う意思がないことを暗に示したのです」(海外サッカー事情通)

 この奇策が功を奏し、フェライニは2750万ポンド(約43億円)の移籍金で無事マンUの一員に。ところが、モイーズ監督の采配が迷走。194センチ、84キロのフィジカルを生かした攻撃的MFなのに守備に追われる場面が多く、ベルギー代表のウィルモッツ監督をして「ユナイテッドがマルアンを獲得した意味が理解できない」と嘆かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る