ベルギー1位通過 昨季の“汚名返上”にフェライニ虎視眈々

公開日:  更新日:

 H組1位で決勝トーナメント(T)に駒を進めたベルギーのMFマルアン・フェライニ(26)の13-14年シーズンは散々だった。

 12年まで所属したイングランド・プレミアリーグ、エバートン監督だったモイーズがマンチェスターUの指揮官に転じたのがコトの発端。モイーズを「父以上に慕っている」フェライニもマンU入りを望み、モイーズも古巣に獲得オファーを出した。が、エバートンはマンUが出した条件を拒否。移籍は暗礁に乗り上げたかに見えた。そこでフェライニは一計を案じた。

「自らマンUのファンクラブの会員に登録して公表。もうエバートンで戦う意思がないことを暗に示したのです」(海外サッカー事情通)

 この奇策が功を奏し、フェライニは2750万ポンド(約43億円)の移籍金で無事マンUの一員に。ところが、モイーズ監督の采配が迷走。194センチ、84キロのフィジカルを生かした攻撃的MFなのに守備に追われる場面が多く、ベルギー代表のウィルモッツ監督をして「ユナイテッドがマルアンを獲得した意味が理解できない」と嘆かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る