ベルギー1位通過 昨季の“汚名返上”にフェライニ虎視眈々

公開日:  更新日:

 H組1位で決勝トーナメント(T)に駒を進めたベルギーのMFマルアン・フェライニ(26)の13-14年シーズンは散々だった。

 12年まで所属したイングランド・プレミアリーグ、エバートン監督だったモイーズがマンチェスターUの指揮官に転じたのがコトの発端。モイーズを「父以上に慕っている」フェライニもマンU入りを望み、モイーズも古巣に獲得オファーを出した。が、エバートンはマンUが出した条件を拒否。移籍は暗礁に乗り上げたかに見えた。そこでフェライニは一計を案じた。

「自らマンUのファンクラブの会員に登録して公表。もうエバートンで戦う意思がないことを暗に示したのです」(海外サッカー事情通)

 この奇策が功を奏し、フェライニは2750万ポンド(約43億円)の移籍金で無事マンUの一員に。ところが、モイーズ監督の采配が迷走。194センチ、84キロのフィジカルを生かした攻撃的MFなのに守備に追われる場面が多く、ベルギー代表のウィルモッツ監督をして「ユナイテッドがマルアンを獲得した意味が理解できない」と嘆かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る