W杯でアルゼンチン経済危機…メッシの活躍がペソ安に拍車

公開日: 更新日:

 アルゼンチン危機が市場の関心事になっている。同国のデフォルト懸念は高まるばかりで世界経済への悪影響を心配する声もひっきりなしだ。

 01年にアルゼンチンは10兆円規模のデフォルトに陥ったが、債権者の90%以上は債務の削減に応じている。ところが米ファンドを中心とする10%弱は全額返済を要求。一部の米ファンドが米国で訴訟を起こし、裁判所は全額返済を命じた。再デフォルト懸念の急浮上だ。

「慌てたアルゼンチン政府は、理不尽な判決を訴えるため、6月下旬に英フィナンシャル・タイムズや朝日新聞などに全面広告を出しています。マーケットでかなり話題になりました」(市場関係者)

 とはいえ、アルゼンチン債は6月30日に実質デフォルト。1カ月以内に支払いに応じないと本格デフォルトとなる。

「そうなったら世界の金融マーケットは混乱をきたすでしょう。アルゼンチンの通貨ペソが暴落する恐れもあります。他の新興国通貨が連鎖安となり、世界経済を直撃しかねません。アルゼンチン危機は慎重に見極める必要があります」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 7

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る