W杯でアルゼンチン経済危機…メッシの活躍がペソ安に拍車

公開日:  更新日:

 アルゼンチン危機が市場の関心事になっている。同国のデフォルト懸念は高まるばかりで世界経済への悪影響を心配する声もひっきりなしだ。

 01年にアルゼンチンは10兆円規模のデフォルトに陥ったが、債権者の90%以上は債務の削減に応じている。ところが米ファンドを中心とする10%弱は全額返済を要求。一部の米ファンドが米国で訴訟を起こし、裁判所は全額返済を命じた。再デフォルト懸念の急浮上だ。

「慌てたアルゼンチン政府は、理不尽な判決を訴えるため、6月下旬に英フィナンシャル・タイムズや朝日新聞などに全面広告を出しています。マーケットでかなり話題になりました」(市場関係者)

 とはいえ、アルゼンチン債は6月30日に実質デフォルト。1カ月以内に支払いに応じないと本格デフォルトとなる。

「そうなったら世界の金融マーケットは混乱をきたすでしょう。アルゼンチンの通貨ペソが暴落する恐れもあります。他の新興国通貨が連鎖安となり、世界経済を直撃しかねません。アルゼンチン危機は慎重に見極める必要があります」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る