アルゼンチン8強 ディ・マリア決勝弾で“脱メッシ依存”へ進化

公開日:  更新日:

 予想外の大苦戦だったが、最後の最後で花形役者2人が大仕事をしてみせた。

 決勝トーナメント1回戦のアルゼンチン─スイス戦は、延長戦後半終盤まで両チーム無得点。お互いに攻め手を欠き、PK戦が見えてきた残り2分、疲労でボールを受ける動きすらままならなかったメッシが、決定機を演出する。センターライン付近でアルゼンチンFWパラシオがスイスDFリヒトシュタイナーからボールを奪うと、中央のメッシにすかさず預ける。メッシがドリブル突破でペナルティーエリア手前まで持ち込むと、スイスDFを引きつけMFディ・マリアにスルーパス。ディ・マリアが左足で放ったダイレクトシュートは、見事ゴール左隅に吸い込まれた。

 アルゼンチンが誇る攻撃陣「クアトロ・ファンタスティコス(魅惑の4人)」のうち、FWアグエロはケガでこの試合を欠場し、FWイグアインはいまだ無得点。スイス戦もフィニッシュの局面で苦しんでいただけに、ディ・マリアのゴールは“脱メッシ依存”という意味でも貴重だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る