アルゼンチン8強 ディ・マリア決勝弾で“脱メッシ依存”へ進化

公開日: 更新日:

 予想外の大苦戦だったが、最後の最後で花形役者2人が大仕事をしてみせた。

 決勝トーナメント1回戦のアルゼンチン─スイス戦は、延長戦後半終盤まで両チーム無得点。お互いに攻め手を欠き、PK戦が見えてきた残り2分、疲労でボールを受ける動きすらままならなかったメッシが、決定機を演出する。センターライン付近でアルゼンチンFWパラシオがスイスDFリヒトシュタイナーからボールを奪うと、中央のメッシにすかさず預ける。メッシがドリブル突破でペナルティーエリア手前まで持ち込むと、スイスDFを引きつけMFディ・マリアにスルーパス。ディ・マリアが左足で放ったダイレクトシュートは、見事ゴール左隅に吸い込まれた。

 アルゼンチンが誇る攻撃陣「クアトロ・ファンタスティコス(魅惑の4人)」のうち、FWアグエロはケガでこの試合を欠場し、FWイグアインはいまだ無得点。スイス戦もフィニッシュの局面で苦しんでいただけに、ディ・マリアのゴールは“脱メッシ依存”という意味でも貴重だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る