7勝目 日ハム大谷の投球精度を飛躍させた「覚醒の瞬間」

公開日: 更新日:

「打たれちゃいけないところで打たれたけど、最少失点でいけたのはよかった。打球が当たった影響? ありません」
 淡々と語る表情には風格すら出てきた。

 日本ハム大谷翔平(19)が25日のDeNA戦に先発。7回2失点でまとめ、チーム単独トップとなる今季7勝目(1敗)を挙げた。
 アクシデントにも動じない。二回、一走のバルディリスへの牽制球を首に当てて卒倒させ、三回には金城の打球が自身の左手首に直撃。ベンチで治療を受けると、涼しい顔で投げ切った。六回に2点を奪われたものの、なおも2死三塁のピンチでバルディリスを160キロの直球で仕留めた。
 前回、前々回登板では右足がつって途中降板。決して調子が万全ではない中でも、好調DeNA打線をねじ伏せた。
 これで、防御率は2.61。5連勝と抜群の安定感を見せる裏に、実は覚醒の瞬間があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

もっと見る