7勝目 日ハム大谷の投球精度を飛躍させた「覚醒の瞬間」

公開日: 更新日:

「打たれちゃいけないところで打たれたけど、最少失点でいけたのはよかった。打球が当たった影響? ありません」
 淡々と語る表情には風格すら出てきた。

 日本ハム大谷翔平(19)が25日のDeNA戦に先発。7回2失点でまとめ、チーム単独トップとなる今季7勝目(1敗)を挙げた。
 アクシデントにも動じない。二回、一走のバルディリスへの牽制球を首に当てて卒倒させ、三回には金城の打球が自身の左手首に直撃。ベンチで治療を受けると、涼しい顔で投げ切った。六回に2点を奪われたものの、なおも2死三塁のピンチでバルディリスを160キロの直球で仕留めた。
 前回、前々回登板では右足がつって途中降板。決して調子が万全ではない中でも、好調DeNA打線をねじ伏せた。
 これで、防御率は2.61。5連勝と抜群の安定感を見せる裏に、実は覚醒の瞬間があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)