7勝目 日ハム大谷の投球精度を飛躍させた「覚醒の瞬間」

公開日:  更新日:

「打たれちゃいけないところで打たれたけど、最少失点でいけたのはよかった。打球が当たった影響? ありません」
 淡々と語る表情には風格すら出てきた。

 日本ハムの大谷翔平(19)が25日のDeNA戦に先発。7回2失点でまとめ、チーム単独トップとなる今季7勝目(1敗)を挙げた。
 アクシデントにも動じない。二回、一走のバルディリスへの牽制球を首に当てて卒倒させ、三回には金城の打球が自身の左手首に直撃。ベンチで治療を受けると、涼しい顔で投げ切った。六回に2点を奪われたものの、なおも2死三塁のピンチでバルディリスを160キロの直球で仕留めた。
 前回、前々回登板では右足がつって途中降板。決して調子が万全ではない中でも、好調DeNA打線をねじ伏せた。
 これで、防御率は2.61。5連勝と抜群の安定感を見せる裏に、実は覚醒の瞬間があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る