【準々決勝プレビュー】手負いの3強 優勝候補が最悪全滅も

公開日: 更新日:

 W杯ブラジル大会は、いよいよ日本時間5日深夜から準々決勝の戦いが始まる。優勝候補国が順当に勝ち進んだものの、各国のチーム状態を検証してみると、番狂わせの可能性も大いにありそうだ。

●フランスvsドイツ
(7月5日・日本時間午前1時 リオデジャネイロ)

 優勝候補ドイツの攻撃をフランスが受け止め、MFマチュイディ(27)、ポグバ(21)らがカウンターで一気に攻め込む展開が予想される。

「総合力ではドイツが上ですが、不安定な最終ラインの連係ミスをフランスにつけ込まれると苦戦するでしょう。ドイツDF陣はバネのある黒人選手のスピードが苦手ですから」(ドイツサッカー協会公認S級指導者の鈴木良平氏)

 ともに中3日だが、ドイツは高温多湿都市で1次リーグ、アルジェリア戦延長120分を戦い、チーム内にインフルエンザ禍の疑いが報じられるなど体調面に不安も。ここまで個人最多の25本のシュートを放っているFWベンゼマ(26)擁するフランスに勝機は十分ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る