【準々決勝プレビュー】手負いの3強 優勝候補が最悪全滅も

公開日:  更新日:

 W杯ブラジル大会は、いよいよ日本時間5日深夜から準々決勝の戦いが始まる。優勝候補国が順当に勝ち進んだものの、各国のチーム状態を検証してみると、番狂わせの可能性も大いにありそうだ。

●フランスvsドイツ
(7月5日・日本時間午前1時 リオデジャネイロ)

 優勝候補ドイツの攻撃をフランスが受け止め、MFマチュイディ(27)、ポグバ(21)らがカウンターで一気に攻め込む展開が予想される。

「総合力ではドイツが上ですが、不安定な最終ラインの連係ミスをフランスにつけ込まれると苦戦するでしょう。ドイツDF陣はバネのある黒人選手のスピードが苦手ですから」(ドイツサッカー協会公認S級指導者の鈴木良平氏)

 ともに中3日だが、ドイツは高温多湿都市で1次リーグ、アルジェリア戦延長120分を戦い、チーム内にインフルエンザ禍の疑いが報じられるなど体調面に不安も。ここまで個人最多の25本のシュートを放っているFWベンゼマ(26)擁するフランスに勝機は十分ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る