【準々決勝プレビュー】手負いの3強 優勝候補が最悪全滅も

公開日: 更新日:

 W杯ブラジル大会は、いよいよ日本時間5日深夜から準々決勝の戦いが始まる。優勝候補国が順当に勝ち進んだものの、各国のチーム状態を検証してみると、番狂わせの可能性も大いにありそうだ。

●フランスvsドイツ
(7月5日・日本時間午前1時 リオデジャネイロ)

 優勝候補ドイツの攻撃をフランスが受け止め、MFマチュイディ(27)、ポグバ(21)らがカウンターで一気に攻め込む展開が予想される。

「総合力ではドイツが上ですが、不安定な最終ラインの連係ミスをフランスにつけ込まれると苦戦するでしょう。ドイツDF陣はバネのある黒人選手のスピードが苦手ですから」(ドイツサッカー協会公認S級指導者の鈴木良平氏)

 ともに中3日だが、ドイツは高温多湿都市で1次リーグ、アルジェリア戦延長120分を戦い、チーム内にインフルエンザ禍の疑いが報じられるなど体調面に不安も。ここまで個人最多の25本のシュートを放っているFWベンゼマ(26)擁するフランスに勝機は十分ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  10. 9

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る