メキシコ突破で「5バック」全チームが決勝T進出の“快挙”

公開日:  更新日:

 グループリーグ最終戦に入ったブラジルワールドカップ。A組ブラジル-カメルーン戦と同時刻にレシフェで行われたクロアチア-メキシコ戦では、後半立て続けに3点を入れたメキシコが3-1で勝利、同組2位で決勝トーナメント進出を決めた。

 メキシコのGL突破は、今大会の〝快挙〟といえる。オランダ、チリ、コスタリカ、アルゼンチンと並び、今大会を3バックや5バック(CB3人+左右ウイングバック)で戦うチームが、すべて決勝トーナメントに進んだからだ。ここまで12試合(直接対決も含む)で10勝1分1敗、勝率は9割超える。

「高温多湿のブラジルでは、激しいプレスとボールポゼッションが持ち味の多くのチームは、後半バテています。前回王者スペインを破ったオランダや、ウルグアイとイタリア相手に番狂わせを演じたコスタリカが好例ですが、5バックでしっかり守り、能力の高い前線の選手が決める〝省エネサッカー〟が、今大会は有利だということです」(現地取材のサッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る