止まらないドイツの「インフル禍」 フランス戦主力大量離脱も

公開日:  更新日:

 いよいよ深刻な状況になってきた。ドイツは日本時間5日の準々決勝(対フランス)を前に、チーム内の「インフル禍」が悪化の一途をたどり始めている。

 日本時間3日の時点で「軽いインフルエンザ」の症状を訴えていたのは3選手だったが、4日には7人に増加。この中には今大会4得点を挙げているFWミュラーら主力メンバーが含まれていることも判明。インフルエンザに即効性のある薬の服用はドーピング違反の可能性もあり、チームドクターもお手上げ状態なのだ。

 このままいけば、試合当日までにどれだけの感染者が出るかわからない。24年ぶり4度目の優勝を狙うチームとしては絶体絶命の危機といえる。

 ドイツのレーブ監督は国内のメディアに対して「大騒ぎするような状況ではない。(感染している選手は)みな軽い症状で、試合には出られるはず」と語っているものの、風邪やインフルなら体力は低下し、90分間走り続けるのは困難。そもそもインフルに大量感染しているチームとフランスは対戦するのだろうか。

 最悪の場合、主力選手の大量離脱や試合棄権もあり得るドイツ。「W杯は何が起こるかわからない」といわれるが、今大会最大のアクシデント発生である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る