止まらないドイツの「インフル禍」 フランス戦主力大量離脱も

公開日:  更新日:

 いよいよ深刻な状況になってきた。ドイツは日本時間5日の準々決勝(対フランス)を前に、チーム内の「インフル禍」が悪化の一途をたどり始めている。

 日本時間3日の時点で「軽いインフルエンザ」の症状を訴えていたのは3選手だったが、4日には7人に増加。この中には今大会4得点を挙げているFWミュラーら主力メンバーが含まれていることも判明。インフルエンザに即効性のある薬の服用はドーピング違反の可能性もあり、チームドクターもお手上げ状態なのだ。

 このままいけば、試合当日までにどれだけの感染者が出るかわからない。24年ぶり4度目の優勝を狙うチームとしては絶体絶命の危機といえる。

 ドイツのレーブ監督は国内のメディアに対して「大騒ぎするような状況ではない。(感染している選手は)みな軽い症状で、試合には出られるはず」と語っているものの、風邪やインフルなら体力は低下し、90分間走り続けるのは困難。そもそもインフルに大量感染しているチームとフランスは対戦するのだろうか。

 最悪の場合、主力選手の大量離脱や試合棄権もあり得るドイツ。「W杯は何が起こるかわからない」といわれるが、今大会最大のアクシデント発生である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る