止まらないドイツの「インフル禍」 フランス戦主力大量離脱も

公開日: 更新日:

 いよいよ深刻な状況になってきた。ドイツは日本時間5日の準々決勝(対フランス)を前に、チーム内の「インフル禍」が悪化の一途をたどり始めている。

 日本時間3日の時点で「軽いインフルエンザ」の症状を訴えていたのは3選手だったが、4日には7人に増加。この中には今大会4得点を挙げているFWミュラーら主力メンバーが含まれていることも判明。インフルエンザに即効性のある薬の服用はドーピング違反の可能性もあり、チームドクターもお手上げ状態なのだ。

 このままいけば、試合当日までにどれだけの感染者が出るかわからない。24年ぶり4度目の優勝を狙うチームとしては絶体絶命の危機といえる。

 ドイツのレーブ監督は国内のメディアに対して「大騒ぎするような状況ではない。(感染している選手は)みな軽い症状で、試合には出られるはず」と語っているものの、風邪やインフルなら体力は低下し、90分間走り続けるのは困難。そもそもインフルに大量感染しているチームとフランスは対戦するのだろうか。

 最悪の場合、主力選手の大量離脱や試合棄権もあり得るドイツ。「W杯は何が起こるかわからない」といわれるが、今大会最大のアクシデント発生である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  2. 2

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 7

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  11. 10

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

もっと見る