4年ぶりの送球エラーも…ヤ軍黒田が“消化不良”の6勝目

公開日:  更新日:

 ベテラン右腕が険しい表情でマウンドを降りた。ヤンキース・黒田博樹(39)が6日(日本時間7日)のツインズ戦に登板。5回3分の2を投げ、1本塁打を含む7安打4失点。打線の援護に恵まれて6勝目(6敗)を挙げた。

 打線が四回に3点を追加して大量9点のリードをもらいながら、直後につかまる。自身の暴投、ドジャース時代の10年に記録して以来の悪送球で1点を献上した後、2者連続二塁打に8番コラベロには2ラン。甘く入った変化球を狙われ、この回は一気に4点を失った。五回以降は立ち直ったように見えたが、六回2死後に安打を許したところでジラルディ監督から降板を告げられた。

 イチローは「8番・右翼」で出場し、4打数3安打。レッドソックス・田沢は3分の2回を3安打1失点、上原は2回を1安打無失点。ブルージェイズ・川崎はアスレチックス戦で3打数2安打だった。

▽黒田の話「早い回から点を取ってもらったのが、勝てた要因。ボール自体も走ってなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る