4年ぶりの送球エラーも…ヤ軍黒田が“消化不良”の6勝目

公開日: 更新日:

 ベテラン右腕が険しい表情でマウンドを降りた。ヤンキース・黒田博樹(39)が6日(日本時間7日)のツインズ戦に登板。5回3分の2を投げ、1本塁打を含む7安打4失点。打線の援護に恵まれて6勝目(6敗)を挙げた。

 打線が四回に3点を追加して大量9点のリードをもらいながら、直後につかまる。自身の暴投、ドジャース時代の10年に記録して以来の悪送球で1点を献上した後、2者連続二塁打に8番コラベロには2ラン。甘く入った変化球を狙われ、この回は一気に4点を失った。五回以降は立ち直ったように見えたが、六回2死後に安打を許したところでジラルディ監督から降板を告げられた。

 イチローは「8番・右翼」で出場し、4打数3安打。レッドソックス・田沢は3分の2回を3安打1失点、上原は2回を1安打無失点。ブルージェイズ・川崎はアスレチックス戦で3打数2安打だった。

▽黒田の話「早い回から点を取ってもらったのが、勝てた要因。ボール自体も走ってなかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る