1カ月ぶり5勝目も…ヤ軍・黒田を悩ます極端な守備シフト

公開日: 更新日:

 ヤンキース・黒田博樹(39)が25日(日本時間26日)のブルージェイズ戦に登板。6回3分の1を1本塁打を含む8安打3失点、4三振で5勝目(5敗)を挙げた。5月28日のカージナルス戦以来、約1カ月ぶりとなる白星である。

 今季の黒田は開幕後に右足内転筋を痛めて体重移動がスムーズにいかず、制球は不安定だ。決め球であるスライダー、シンカーが甘く入って痛打を浴びるケースは少なくない。地元メディアからは力の衰えを指摘する声も上がっているが、実は黒田の持ち味が勝てない原因のひとつになっているという見方がある。

■ゴロアウトでチームトップ

 黒田は低めの変化球を打たせて取るのが持ち味だ。2008年にメジャー移籍してからはグラウンドボール(ゴロアウトの多い)投手と位置づけられ、12年のゴロアウト356個はリーグ3位だった。今季もこの試合の前までチームトップの140個を記録しており、リーグ1位の11勝をマークしている田中(134個)をも上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  7. 7

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  8. 8

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る