1カ月ぶり5勝目も…ヤ軍・黒田を悩ます極端な守備シフト

公開日: 更新日:

 ヤンキース・黒田博樹(39)が25日(日本時間26日)のブルージェイズ戦に登板。6回3分の1を1本塁打を含む8安打3失点、4三振で5勝目(5敗)を挙げた。5月28日のカージナルス戦以来、約1カ月ぶりとなる白星である。

 今季の黒田は開幕後に右足内転筋を痛めて体重移動がスムーズにいかず、制球は不安定だ。決め球であるスライダー、シンカーが甘く入って痛打を浴びるケースは少なくない。地元メディアからは力の衰えを指摘する声も上がっているが、実は黒田の持ち味が勝てない原因のひとつになっているという見方がある。

■ゴロアウトでチームトップ

 黒田は低めの変化球を打たせて取るのが持ち味だ。2008年にメジャー移籍してからはグラウンドボール(ゴロアウトの多い)投手と位置づけられ、12年のゴロアウト356個はリーグ3位だった。今季もこの試合の前までチームトップの140個を記録しており、リーグ1位の11勝をマークしている田中(134個)をも上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る