1カ月ぶり5勝目も…ヤ軍・黒田を悩ます極端な守備シフト

公開日:  更新日:

 ヤンキース・黒田博樹(39)が25日(日本時間26日)のブルージェイズ戦に登板。6回3分の1を1本塁打を含む8安打3失点、4三振で5勝目(5敗)を挙げた。5月28日のカージナルス戦以来、約1カ月ぶりとなる白星である。

 今季の黒田は開幕後に右足内転筋を痛めて体重移動がスムーズにいかず、制球は不安定だ。決め球であるスライダー、シンカーが甘く入って痛打を浴びるケースは少なくない。地元メディアからは力の衰えを指摘する声も上がっているが、実は黒田の持ち味が勝てない原因のひとつになっているという見方がある。

■ゴロアウトでチームトップ

 黒田は低めの変化球を打たせて取るのが持ち味だ。2008年にメジャー移籍してからはグラウンドボール(ゴロアウトの多い)投手と位置づけられ、12年のゴロアウト356個はリーグ3位だった。今季もこの試合の前までチームトップの140個を記録しており、リーグ1位の11勝をマークしている田中(134個)をも上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る