1カ月ぶり5勝目も…ヤ軍・黒田を悩ます極端な守備シフト

公開日:  更新日:

 ヤンキース・黒田博樹(39)が25日(日本時間26日)のブルージェイズ戦に登板。6回3分の1を1本塁打を含む8安打3失点、4三振で5勝目(5敗)を挙げた。5月28日のカージナルス戦以来、約1カ月ぶりとなる白星である。

 今季の黒田は開幕後に右足内転筋を痛めて体重移動がスムーズにいかず、制球は不安定だ。決め球であるスライダー、シンカーが甘く入って痛打を浴びるケースは少なくない。地元メディアからは力の衰えを指摘する声も上がっているが、実は黒田の持ち味が勝てない原因のひとつになっているという見方がある。

■ゴロアウトでチームトップ

 黒田は低めの変化球を打たせて取るのが持ち味だ。2008年にメジャー移籍してからはグラウンドボール(ゴロアウトの多い)投手と位置づけられ、12年のゴロアウト356個はリーグ3位だった。今季もこの試合の前までチームトップの140個を記録しており、リーグ1位の11勝をマークしている田中(134個)をも上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る