田中、ヤンキースと暗闘…フロントの本音は「手術させたい」

公開日: 更新日:

 手術するかどうかをめぐって、ヤンキースと田中将大(25)の間で綱引きが行われるかもしれない。

「右肘靭帯部分断裂」と診断された田中。NY紙のさるヤンキース担当記者によれば、「今後3週間はなるべく安静にして、ニューヨークでプレートレット・リッチ・プラズマ(PRP)と呼ばれる治療を受ける。再生医療のひとつで血液中の血小板を患部に注射して損傷部分の回復を促していくことになります。3週間後からリハビリを始め、順調なら6週間後に投球練習を始めるのが現時点での青写真」という。

 田中はチームドクターのいるシアトルで3人の医師の診察を受け、いずれも「手術の必要性はない」と診断された。キャッシュマンGMが報道陣との電話会見で明らかにしたことだ。

 プロで活躍する投手は、多かれ少なかれ靭帯を損傷している。靭帯が無傷の投手を探す方がむしろ難しいくらい。問題は靭帯のどの部分が、どの程度、断裂したのかという点。状態がヒドければ即手術なのに、3人の医師が「必要なし」と診断した。にもかかわらず、キャッシュマンGMはわざわざ報道陣に「これが手術を除外するわけではない。リハビリがうまくいかなかった場合は手術も選択肢に入ってくる」と付け加えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 2
    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

    自民党総裁選を「野田聖子票」が撹乱 論戦で他候補をグサリ、安倍・麻生・岸田連合はビクビク

  3. 3
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

  4. 4
    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

    自民党総裁選は1回目投票から「1位・岸田」の票読みまで飛び交い…河野陣営“甘すぎる皮算用”

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

もっと見る

  1. 6
    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

    「新しい地図」は“東方神起パターン”で地上波復活へ Eテレ登場で大賑わい!

  2. 7
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 8
    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

    元祖“陰キャ”アイドル中川翔子が魅せた「36歳純白ビキニ」の底力 動画再生800万回突破!

  4. 9
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 10
    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき

    森友問題「再調査しない」と断言する総裁候補3人は、赤木雅子さんの奮闘ぶりを知るべき