安楽が敗退 巨人「フロントがっくり」「原監督ニンマリ」の理由

公開日:  更新日:

 最速157キロを誇る剛腕の短い夏が終わった。今秋ドラフトの目玉候補のひとり、済美の安楽智大(3年)が24日、愛媛大会3回戦で5安打4失点。11三振を奪うも、県立の東温に1-4で敗れた。昨春のセンバツで5試合772球を投げて準優勝。甲子園を沸かせた右腕の敗退は、ドラフト戦線にも影響を及ぼしそうだ。

 昨秋に右ヒジを故障しているだけに、プロ球団からは「甲子園で酷使されずに済み、将来のためにはかえってよかった」という声も上がる。が、原沢球団代表兼GMが2回戦を視察し、「上位候補」とした巨人にとっては痛しかゆしの敗退だ。

 さる球団関係者がこう言うのだ。

「リーグ連覇しても、現在首位にいても、今年の球宴ファン投票で選ばれたのが阿部ひとりという現状もあり、球団内には“スター待望論”がずっとある。かつては松井秀喜、最近ではダルビッシュやマー君…。彼らの人気には、若くて伸びしろが大きい高卒で、元甲子園のヒーローという抜群の知名度が下地にあった。安楽がブレークしたのは2年春。やっぱり3年夏の大会の活躍がプロ入り後の人気面にも大きく反映するという考えが球団内には根強いんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る