揃って無安打 巨人・原監督がふがいない「高給」主軸に強烈皮肉

公開日: 更新日:

 脇役がチームの窮地を救った。

 巨人が甲子園で連敗して迎えた昨23日の阪神戦。試合を決めたのは「足」だった。2―2の九回無死一塁で鈴木が代走として出場。1死後に二盗に成功すると、阪神能見の暴投で三塁を陥れ、2死満塁から、またも能見の暴投で生還した。

 結局これが決勝点。相手バッテリーにプレッシャーを与えた足のスペシャリストが「盗塁のサインが出ていた。スライディング技術が上回った」と涼しい顔で振り返ると、「勝負をかけた」とした原監督は「打線が打線だから。あの手、この手、その手の中で、いい役割、いい足を見せてくれた。最高のランナーです」と絶賛した。

 5安打と能見を打ちあぐねる中、原監督に「あれが大きかった。同点に追いついたのは大きかった」と褒められたのは同点打を含む2安打と気を吐いた2番の橋本。先発の小山も6回2失点の好投を見せ、「存在感がある」とこちらも指揮官の信頼を勝ち取りつつある。褒められた3人の年俸は、鈴木4000万円、橋本1400万円、小山1800万円。億万長者がズラリと並ぶ巨人の中では“薄給”の部類に入る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る