楽天・松井 闘将復帰の喧騒尻目にひとり「客席ランニング」

公開日: 更新日:

 星野監督が復帰した25日の日本ハム戦。報道陣でごった返すグラウンドの喧騒を尻目に、楽天のドラ1左腕・松井裕樹(18)がひとり、試合前練習中のスタンドを黙々と走っていた。

 6月19日以来6度目となる先発マウンドに上がった23日の西武戦は、5回3分の0を4安打無失点7奪三振。リリーフが逆転を許して先発初勝利は逃したものの、「今まで先発した中では一番いい投球ができた」と本人も手応えをつかんだ。

 とはいえ、降板シーンは安打と2四球で無死満塁の大ピンチを招いた場面。本人が「疲れで全然でした」と言うように、スタミナ切れが原因だった。甲子園を沸かせた高校時代の投球フォームを取り戻しつつあり、直球のMAXは150キロを記録。課題はスタミナ、制球力とハッキリしているだけに、何周もしていた松井の「客席ランニング」は今後の名物になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

もっと見る