楽天・松井 闘将復帰の喧騒尻目にひとり「客席ランニング」

公開日: 更新日:

 星野監督が復帰した25日の日本ハム戦。報道陣でごった返すグラウンドの喧騒を尻目に、楽天のドラ1左腕・松井裕樹(18)がひとり、試合前練習中のスタンドを黙々と走っていた。

 6月19日以来6度目となる先発マウンドに上がった23日の西武戦は、5回3分の0を4安打無失点7奪三振。リリーフが逆転を許して先発初勝利は逃したものの、「今まで先発した中では一番いい投球ができた」と本人も手応えをつかんだ。

 とはいえ、降板シーンは安打と2四球で無死満塁の大ピンチを招いた場面。本人が「疲れで全然でした」と言うように、スタミナ切れが原因だった。甲子園を沸かせた高校時代の投球フォームを取り戻しつつあり、直球のMAXは150キロを記録。課題はスタミナ、制球力とハッキリしているだけに、何周もしていた松井の「客席ランニング」は今後の名物になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る