日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ハンドファーストでインパクトを迎える

 今年の全英オープンはローリー・マキロイが4日間トップを守って優勝したが、先週の全英シニアオープンでも同じことが起こった。初日首位に立ったベルンハルト・ランガーがこれまた4日間トップを守って優勝。2位のコリン・モンゴメリーに13打もの大差をつけて、シニアのメジャータイトルを手に入れたのである。

 マキロイにしてもランガーにしても、いいスコアが出せるのは正確なショットがあってこそ。最近手に入れた書籍「ゴルフデータ革命」(プレジデント社)の調査によると、PGAツアーでの優勝へのパッティングの貢献度は平均で35%。一方で、グリーン以外のショットの貢献度は65%なんだそうだ。

 本題に入ろう。マキロイ、ランガーに限らず、プロのショットが正確なのには理由がある。プロは皆、例外なくハンドファーストなインパクトを迎えている。対して、アマチュアの多くはハンドファーストになっていない。多くはインパクトで右手首が伸びて、左手首が甲側に曲がっている。インパクトゾーンで手首が余計な動きをするから、フェースの向き、クラブの軌道が不安定になって方向性が悪いショットを打ったり、打ち損じのミスを何度も繰り返してしまうのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事