マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ハンドファーストでインパクトを迎える

公開日:  更新日:

 今年の全英オープンはローリー・マキロイが4日間トップを守って優勝したが、先週の全英シニアオープンでも同じことが起こった。初日首位に立ったベルンハルト・ランガーがこれまた4日間トップを守って優勝。2位のコリン・モンゴメリーに13打もの大差をつけて、シニアのメジャータイトルを手に入れたのである。

 マキロイにしてもランガーにしても、いいスコアが出せるのは正確なショットがあってこそ。最近手に入れた書籍「ゴルフデータ革命」(プレジデント社)の調査によると、PGAツアーでの優勝へのパッティングの貢献度は平均で35%。一方で、グリーン以外のショットの貢献度は65%なんだそうだ。

 本題に入ろう。マキロイ、ランガーに限らず、プロのショットが正確なのには理由がある。プロは皆、例外なくハンドファーストなインパクトを迎えている。対して、アマチュアの多くはハンドファーストになっていない。多くはインパクトで右手首が伸びて、左手首が甲側に曲がっている。インパクトゾーンで手首が余計な動きをするから、フェースの向き、クラブの軌道が不安定になって方向性が悪いショットを打ったり、打ち損じのミスを何度も繰り返してしまうのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る