マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

メジャーチャンプ・カイマーの練習ドリルは役立つ

公開日: 更新日:

 ドイツ人選手としてはベルンハルト・ランガー以来となる世界ランク1位にもなったことがあるマーティン・カイマー。
 今年も全米オープンを制してメジャー2勝目を挙げているが、カイマーの持ち味はドライバーの飛距離。並外れたパワーで300ヤードを軽く越え、それでいて方向性も安定している。

 カイマーのスイングはインターネット動画サイトのユーチューブなどでチェックできるが、先日、面白い動画を見つけた。

 ひもがついたテニスボールを首からぶら下げ、そのテニスボールを前腕と前腕の間に挟み、その状態をキープしたままスイングしている。
 素振りではなく、実際にボールを打っているのだ。インパクトあたりでは挟んだボールは落ちているが、少なくともテークバックではボールを挟んだままスイングしている。


 このドリルにはどんな意味があるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る