マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

メジャーチャンプ・カイマーの練習ドリルは役立つ

公開日: 更新日:

 ドイツ人選手としてはベルンハルト・ランガー以来となる世界ランク1位にもなったことがあるマーティン・カイマー。
 今年も全米オープンを制してメジャー2勝目を挙げているが、カイマーの持ち味はドライバーの飛距離。並外れたパワーで300ヤードを軽く越え、それでいて方向性も安定している。

 カイマーのスイングはインターネット動画サイトのユーチューブなどでチェックできるが、先日、面白い動画を見つけた。

 ひもがついたテニスボールを首からぶら下げ、そのテニスボールを前腕と前腕の間に挟み、その状態をキープしたままスイングしている。
 素振りではなく、実際にボールを打っているのだ。インパクトあたりでは挟んだボールは落ちているが、少なくともテークバックではボールを挟んだままスイングしている。


 このドリルにはどんな意味があるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る