滑り込めるか…評価急落したドラフト候補「横浜高の元怪物」

公開日: 更新日:

 ドラフト候補の野手2人を擁する横浜高校。17日の神奈川大会2回戦で2打席連続本塁打を放った浅間大基外野手(3年)が脚光を浴びる中、1年春の関東大会から名門で4番を張ってきた高浜祐仁内野手(3年)の影がすっかり薄くなっている。

 1年夏の県大会初戦で初打席初スイング場外弾デビュー。「怪物1年生」と騒がれたが、故障などもあって伸び悩んだ。高校通算31本塁打。三拍子型の浅間が30本だから、4番としては物足りない数字だ。セ・リーグの某スカウトが言う。

「2人とも1年夏から主力。4番の高浜の方が注目度は高かったけど、最近は浅間の評価が上がっている。1位候補だった高浜は、夏前の段階で上位では厳しいという評価。球団でいうと、地元のDeNAは2人ともマーク。和製大砲が欲しい中日、熱心なのはもう一つの“地元”でもあるソフトバンクです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る