開花した日ハム大谷、伸び悩む阪神・藤浪…今後どうなる?

公開日: 更新日:

 25日の広島戦。阪神先発藤浪は、憧れのマエケンと投げ合い6回3失点で降板。七回に上本の同点弾が飛び出し、藤浪の負けは消え、阪神が4-3で勝った。

 高卒1年目にいきなり10勝を挙げた藤浪も、今季は輝きを失っている。ここまで16試合に登板、7勝4敗、防御率3・46。昨年の同時期(16試合、8勝4敗、同2・56)と比較しても数字は悪い。

 藤浪とよく比較されるのが、やはり高卒2年目の日本ハム大谷だ。前代未聞の「二刀流」は、投手としては15試合で9勝1敗、防御率2・23。打者でも3割近い打率(・291)に本塁打5本、22打点をマーク。バットでも貴重な戦力になっている。

 今季の大谷は筋トレ効果が表れて、胸板が厚くなり、腰回りや足の筋肉も太くなった。腹筋はきれいに割れて、厚沢コーチからは「仮面ライダーみたい」と言われている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る