開花した日ハム大谷、伸び悩む阪神・藤浪…今後どうなる?

公開日: 更新日:

 25日の広島戦。阪神先発藤浪は、憧れのマエケンと投げ合い6回3失点で降板。七回に上本の同点弾が飛び出し、藤浪の負けは消え、阪神が4-3で勝った。

 高卒1年目にいきなり10勝を挙げた藤浪も、今季は輝きを失っている。ここまで16試合に登板、7勝4敗、防御率3・46。昨年の同時期(16試合、8勝4敗、同2・56)と比較しても数字は悪い。

 藤浪とよく比較されるのが、やはり高卒2年目の日本ハム大谷だ。前代未聞の「二刀流」は、投手としては15試合で9勝1敗、防御率2・23。打者でも3割近い打率(・291)に本塁打5本、22打点をマーク。バットでも貴重な戦力になっている。

 今季の大谷は筋トレ効果が表れて、胸板が厚くなり、腰回りや足の筋肉も太くなった。腹筋はきれいに割れて、厚沢コーチからは「仮面ライダーみたい」と言われている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る