開花した日ハム大谷、伸び悩む阪神・藤浪…今後どうなる?

公開日:  更新日:

 25日の広島戦。阪神先発藤浪は、憧れのマエケンと投げ合い6回3失点で降板。七回に上本の同点弾が飛び出し、藤浪の負けは消え、阪神が4-3で勝った。

 高卒1年目にいきなり10勝を挙げた藤浪も、今季は輝きを失っている。ここまで16試合に登板、7勝4敗、防御率3・46。昨年の同時期(16試合、8勝4敗、同2・56)と比較しても数字は悪い。

 藤浪とよく比較されるのが、やはり高卒2年目の日本ハム大谷だ。前代未聞の「二刀流」は、投手としては15試合で9勝1敗、防御率2・23。打者でも3割近い打率(・291)に本塁打5本、22打点をマーク。バットでも貴重な戦力になっている。

 今季の大谷は筋トレ効果が表れて、胸板が厚くなり、腰回りや足の筋肉も太くなった。腹筋はきれいに割れて、厚沢コーチからは「仮面ライダーみたい」と言われている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る