“駆け込み”助っ人左腕ランズラーはオリックスを救うのか?

公開日: 更新日:

 駆け込み助っ人が優勝争いを左右するかもしれない。

 4日に入団会見を行った、オリックスの助っ人左腕ランズラー(29=前ジャイアンツ3A)。会見では「球速は155キロ前後。昔は160キロを投げたこともある」と豪語。ジャイアンツ3Aで同僚だった田中賢介から日本球界の情報収集を行ったことも明かした。主にリリーフとして起用される見込みだ。

 年俸は25万ドル(約2500万円)。残り49試合と考えれば高いか安いかは微妙なところだが、球団としてはやってもらわなければ困る。

 というのも、マトモな中継ぎ左腕は31試合で防御率2.48の中山くらいのもの。他の左腕といえば、防御率8.71の海田くらいしかいない。補強期限ギリギリの7月31日に「駆け込み」で獲得したとはいえ、ランズラーがコケたらそれこそブルペン崩壊の危機だ。

「日本でのプレーを楽しみにしていた。興奮してるよ」

 と、鼻息も荒い新助っ人。ちなみに今季3Aでは46回3分の1で36四球。球が速いだけのノーコン投手じゃなきゃいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    来年NHK大河は“鉄板”戦国もの テレ朝「ポツン」が戦々恐々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る