“駆け込み”助っ人左腕ランズラーはオリックスを救うのか?

公開日:  更新日:

 駆け込み助っ人が優勝争いを左右するかもしれない。

 4日に入団会見を行った、オリックスの助っ人左腕ランズラー(29=前ジャイアンツ3A)。会見では「球速は155キロ前後。昔は160キロを投げたこともある」と豪語。ジャイアンツ3Aで同僚だった田中賢介から日本球界の情報収集を行ったことも明かした。主にリリーフとして起用される見込みだ。

 年俸は25万ドル(約2500万円)。残り49試合と考えれば高いか安いかは微妙なところだが、球団としてはやってもらわなければ困る。

 というのも、マトモな中継ぎ左腕は31試合で防御率2.48の中山くらいのもの。他の左腕といえば、防御率8.71の海田くらいしかいない。補強期限ギリギリの7月31日に「駆け込み」で獲得したとはいえ、ランズラーがコケたらそれこそブルペン崩壊の危機だ。

「日本でのプレーを楽しみにしていた。興奮してるよ」

 と、鼻息も荒い新助っ人。ちなみに今季3Aでは46回3分の1で36四球。球が速いだけのノーコン投手じゃなきゃいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る