“駆け込み”助っ人左腕ランズラーはオリックスを救うのか?

公開日: 更新日:

 駆け込み助っ人が優勝争いを左右するかもしれない。

 4日に入団会見を行った、オリックスの助っ人左腕ランズラー(29=前ジャイアンツ3A)。会見では「球速は155キロ前後。昔は160キロを投げたこともある」と豪語。ジャイアンツ3Aで同僚だった田中賢介から日本球界の情報収集を行ったことも明かした。主にリリーフとして起用される見込みだ。

 年俸は25万ドル(約2500万円)。残り49試合と考えれば高いか安いかは微妙なところだが、球団としてはやってもらわなければ困る。

 というのも、マトモな中継ぎ左腕は31試合で防御率2.48の中山くらいのもの。他の左腕といえば、防御率8.71の海田くらいしかいない。補強期限ギリギリの7月31日に「駆け込み」で獲得したとはいえ、ランズラーがコケたらそれこそブルペン崩壊の危機だ。

「日本でのプレーを楽しみにしていた。興奮してるよ」

 と、鼻息も荒い新助っ人。ちなみに今季3Aでは46回3分の1で36四球。球が速いだけのノーコン投手じゃなきゃいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”