シアトルも大歓迎 イチロー今オフ「マリナーズ復帰」急浮上

公開日:  更新日:

 プレーオフ進出に向けて負けられない戦いが続くヤンキースで、すっかりベンチを温めるようになったのがイチロー(40)だ。

 4日(日本時間5日)のタイガース戦は「9番・右翼」で先発出場。試合前にテシェーラ内野手が体調不良を訴えたため、急きょスタメンに名を連ね、3打数1安打1得点。3試合ぶりの安打を放ったが、一時定位置だった右翼は、もっぱらダイヤモンドバックスからトレードで獲得したプラド(30)が守っている。

 ヤンキース担当の米国人記者がこう言った。

「ヤンキースは7月31日のトレード期限までイチローを放出しようとしてきましたけど、6億5000万円という高額な年俸がネックになって商談は成立しなかった。先発投手とのウエーバートレードを模索、あるいは戦力外にしてひとり選手を補充する選択肢もありましたが、メジャー記録のシーズン262安打や10年連続200安打をマークした選手。重要な選手供給源でもある日本での影響力を考えて結局、シーズン終了まで右翼の控え、守備要員として残留させることになったようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る