シアトルも大歓迎 イチロー今オフ「マリナーズ復帰」急浮上

公開日:  更新日:

 プレーオフ進出に向けて負けられない戦いが続くヤンキースで、すっかりベンチを温めるようになったのがイチロー(40)だ。

 4日(日本時間5日)のタイガース戦は「9番・右翼」で先発出場。試合前にテシェーラ内野手が体調不良を訴えたため、急きょスタメンに名を連ね、3打数1安打1得点。3試合ぶりの安打を放ったが、一時定位置だった右翼は、もっぱらダイヤモンドバックスからトレードで獲得したプラド(30)が守っている。

 ヤンキース担当の米国人記者がこう言った。

「ヤンキースは7月31日のトレード期限までイチローを放出しようとしてきましたけど、6億5000万円という高額な年俸がネックになって商談は成立しなかった。先発投手とのウエーバートレードを模索、あるいは戦力外にしてひとり選手を補充する選択肢もありましたが、メジャー記録のシーズン262安打や10年連続200安打をマークした選手。重要な選手供給源でもある日本での影響力を考えて結局、シーズン終了まで右翼の控え、守備要員として残留させることになったようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る