シアトルも大歓迎 イチロー今オフ「マリナーズ復帰」急浮上

公開日: 更新日:

 プレーオフ進出に向けて負けられない戦いが続くヤンキースで、すっかりベンチを温めるようになったのがイチロー(40)だ。

 4日(日本時間5日)のタイガース戦は「9番・右翼」で先発出場。試合前にテシェーラ内野手が体調不良を訴えたため、急きょスタメンに名を連ね、3打数1安打1得点。3試合ぶりの安打を放ったが、一時定位置だった右翼は、もっぱらダイヤモンドバックスからトレードで獲得したプラド(30)が守っている。

 ヤンキース担当の米国人記者がこう言った。

「ヤンキースは7月31日のトレード期限までイチローを放出しようとしてきましたけど、6億5000万円という高額な年俸がネックになって商談は成立しなかった。先発投手とのウエーバートレードを模索、あるいは戦力外にしてひとり選手を補充する選択肢もありましたが、メジャー記録のシーズン262安打や10年連続200安打をマークした選手。重要な選手供給源でもある日本での影響力を考えて結局、シーズン終了まで右翼の控え、守備要員として残留させることになったようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る