松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

孤高の仮面をかなぐり捨てたイチローの変質はどういうわけだ?

公開日:  更新日:

 マリナーズ時代よりもイチローがしゃべり出した。昔は試合後テレビカメラを寄せ付けず、特定のメディアにだけ上から目線の態度で話をしていたのを、ヤンキースに移籍してからは往年の松井のようにメディアに正対して応ずるようになった。

 この変質ぶりはどういうわけだ?

 若い頃から勝手気ままだったのは知る人ぞ知る。故・土井正三オリックス監督は、イチローを二軍に落としたことで無能呼ばわりされた。故・仰木彬監督こそがイチローの才能を見いだした名監督という評価が定着しているが、実は土井はイチローの才能を高く評価していた。
「潜在力が凄いことはすぐに分かった。ただ、なにしろ性格があれだからね。野球はチームプレー。少し二軍で揉まれた方がいいと判断した」

 国語のテストのようだが、文中の「あれ」とは何かを述べよ。ズバリ「わがまま」もしくは「傲慢」「生意気」どれも正解だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る