カブス藤川437日ぶり登板 残る課題は「フォークの完成度」

公開日:  更新日:

 昨季は一時的に守護神を務めたベテランリリーバーが、復調をアピールした。

 右肘手術から復帰したカブス・藤川球児(34)が6日(日本時間7日)のロッキーズ戦で昨年5月26日のレッズ戦以来、437日ぶりに登板。4点をリードされた六回無死一、二塁でマウンドに上がり、先頭打者は死球だったものの、後続を打ち取って1回を無安打無失点で切り抜けた。

「いつもここを想像しながらやってきた。今後もずっと最少失点を続けていきたい」とは試合後の本人だ。

 直球の最速は92マイル(約148キロ)を記録。昨季、故障する前の94マイル(約151キロ)まで戻りつつある。球威は回復してきたとはいえ、藤川と同様に肘の手術から復帰した同僚の和田が「こんなもんじゃないと本人は思っているだろうし、自分も感じた」と印象を口にした通り、完全復活はまだ道半ばだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る