カブス藤川437日ぶり登板 残る課題は「フォークの完成度」

公開日: 更新日:

 昨季は一時的に守護神を務めたベテランリリーバーが、復調をアピールした。

 右肘手術から復帰したカブス・藤川球児(34)が6日(日本時間7日)のロッキーズ戦で昨年5月26日のレッズ戦以来、437日ぶりに登板。4点をリードされた六回無死一、二塁でマウンドに上がり、先頭打者は死球だったものの、後続を打ち取って1回を無安打無失点で切り抜けた。

「いつもここを想像しながらやってきた。今後もずっと最少失点を続けていきたい」とは試合後の本人だ。

 直球の最速は92マイル(約148キロ)を記録。昨季、故障する前の94マイル(約151キロ)まで戻りつつある。球威は回復してきたとはいえ、藤川と同様に肘の手術から復帰した同僚の和田が「こんなもんじゃないと本人は思っているだろうし、自分も感じた」と印象を口にした通り、完全復活はまだ道半ばだ。

 武器であるフォークの完成度がイマイチだからだ。藤川はメジャー移籍後、フォークを封印。12試合に登板した昨季は1球も投げなかった。日本よりも大きく、滑りやすいメジャー公認球では制球が定まらず、実戦で使えるレベルではなかったためだ。今季はリハビリ中に感覚を掴んだのだろう。7月のマイナーの調整登板で解禁したばかり。しかし、本人も納得できるものではないようで、「フォークがしっかりと使えるようになるまでは復活とはいえない」と親しい関係者に話しているそうだ。

 今季は残り50試合を切った。藤川に残された時間は少ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?