米3年目で初勝利も カブス和田「メジャー生き残り」の条件

公開日:  更新日:

「(今後も)結果を残して認めてもらえるように頑張りたい」――28日(日本時間29日)のロッキーズ戦で7回を1失点に抑えてメジャー初勝利をマークしたカブス・和田毅(33)が生き残りをアピールした。

 11年オフにオリオールズと2年総額約6億4000万円で契約しながら、キャンプ中に左肘を故障。トミー・ジョン手術を受けて一試合も登板できないままオリオールズを追われただけに、1勝しただけで満足するはずもない。和田は「ようやく0が1になった。これがスタート」と来季もメジャーでのプレーに意欲を見せたものの、ベテラン左腕がメジャーで生き残るには今後、どれくらいの数字を残せばいいのか。

■10試合以上のQSと防御率3・5以内

「マイナーも含めてシーズンを通じて働いた経験がないだけに、中4日のローテーションに耐えられるスタミナと故障リスクの少なさを証明するためにも、重視されるのはクオリティースタート(QS=6回を自責点3以内)数です。仮にシーズン終了まで残り20試合近く登板するとして、少なくとも10試合以上のQSが必要です。和田は球威がなく、フライアウトで打ち取るタイプの投手だけに、被本塁打数も判断材料となる。10本程度で抑えられたら及第点です。あとは防御率。3・5以内で今季を終えることができれば、メジャーでも貴重な左腕だけにオファーを出す球団は少なくないと思う」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る