米3年目で初勝利も カブス和田「メジャー生き残り」の条件

公開日: 更新日:

「(今後も)結果を残して認めてもらえるように頑張りたい」――28日(日本時間29日)のロッキーズ戦で7回を1失点に抑えてメジャー初勝利をマークしたカブス・和田毅(33)が生き残りをアピールした。

 11年オフにオリオールズと2年総額約6億4000万円で契約しながら、キャンプ中に左肘を故障。トミー・ジョン手術を受けて一試合も登板できないままオリオールズを追われただけに、1勝しただけで満足するはずもない。和田は「ようやく0が1になった。これがスタート」と来季もメジャーでのプレーに意欲を見せたものの、ベテラン左腕がメジャーで生き残るには今後、どれくらいの数字を残せばいいのか。

■10試合以上のQSと防御率3・5以内

「マイナーも含めてシーズンを通じて働いた経験がないだけに、中4日のローテーションに耐えられるスタミナと故障リスクの少なさを証明するためにも、重視されるのはクオリティースタート(QS=6回を自責点3以内)数です。仮にシーズン終了まで残り20試合近く登板するとして、少なくとも10試合以上のQSが必要です。和田は球威がなく、フライアウトで打ち取るタイプの投手だけに、被本塁打数も判断材料となる。10本程度で抑えられたら及第点です。あとは防御率。3・5以内で今季を終えることができれば、メジャーでも貴重な左腕だけにオファーを出す球団は少なくないと思う」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る