米3年目で初勝利も カブス和田「メジャー生き残り」の条件

公開日: 更新日:

「(今後も)結果を残して認めてもらえるように頑張りたい」――28日(日本時間29日)のロッキーズ戦で7回を1失点に抑えてメジャー初勝利をマークしたカブス・和田毅(33)が生き残りをアピールした。

 11年オフにオリオールズと2年総額約6億4000万円で契約しながら、キャンプ中に左肘を故障。トミー・ジョン手術を受けて一試合も登板できないままオリオールズを追われただけに、1勝しただけで満足するはずもない。和田は「ようやく0が1になった。これがスタート」と来季もメジャーでのプレーに意欲を見せたものの、ベテラン左腕がメジャーで生き残るには今後、どれくらいの数字を残せばいいのか。

■10試合以上のQSと防御率3・5以内

「マイナーも含めてシーズンを通じて働いた経験がないだけに、中4日のローテーションに耐えられるスタミナと故障リスクの少なさを証明するためにも、重視されるのはクオリティースタート(QS=6回を自責点3以内)数です。仮にシーズン終了まで残り20試合近く登板するとして、少なくとも10試合以上のQSが必要です。和田は球威がなく、フライアウトで打ち取るタイプの投手だけに、被本塁打数も判断材料となる。10本程度で抑えられたら及第点です。あとは防御率。3・5以内で今季を終えることができれば、メジャーでも貴重な左腕だけにオファーを出す球団は少なくないと思う」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る