日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ウエーバー公示」報道 イチローはやっぱり戦力外か

 ロートル外野手の放出は時間の問題か。

 今やヤンキースでベンチの肥やしと化しているイチロー(40)のことだ。ヤンキースの地元紙「ニューヨーク・ポスト」(電子版)は8日(日本時間9日)、ヤンキースがイチローとブレンダン・ライアン内野手の2人をウエーバーにかけたと報じた。

「ウエーバー」とは他の29球団に対してトレード要員として告知するもの。期限は8月31日までで、原則として勝率の低い球団が優先的に交渉できる。ポストシーズン進出争いが佳境に入るこの時期にヤンキースがイチローのトレードに動くのは、戦力外と判断したからだろう。

 実際、イチローは7月末から出場機会が激減していた。ヤンキースはトレード期限の7月31日に内外野を守れるプラド(30)をダイヤモンドバックスから獲得。ジラルディ監督は今季は主に内野の守備に就いていたユーティリティープレーヤーを右翼で起用。今後もイチローはスタメン落ちの機会が増えるのは確実だ。

 夏場は投手陣の疲れがピークに達する時期だ。投手陣が手薄なだけに、リリーフ投手との交換でイチローのトレードが成立する可能性もある。
 ポストシーズン進出争いに注目が集まる中、イチローの去就を巡って騒がしくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事