• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ウエーバー公示」報道 イチローはやっぱり戦力外か

 ロートル外野手の放出は時間の問題か。

 今やヤンキースでベンチの肥やしと化しているイチロー(40)のことだ。ヤンキースの地元紙「ニューヨーク・ポスト」(電子版)は8日(日本時間9日)、ヤンキースがイチローとブレンダン・ライアン内野手の2人をウエーバーにかけたと報じた。

「ウエーバー」とは他の29球団に対してトレード要員として告知するもの。期限は8月31日までで、原則として勝率の低い球団が優先的に交渉できる。ポストシーズン進出争いが佳境に入るこの時期にヤンキースがイチローのトレードに動くのは、戦力外と判断したからだろう。

 実際、イチローは7月末から出場機会が激減していた。ヤンキースはトレード期限の7月31日に内外野を守れるプラド(30)をダイヤモンドバックスから獲得。ジラルディ監督は今季は主に内野の守備に就いていたユーティリティープレーヤーを右翼で起用。今後もイチローはスタメン落ちの機会が増えるのは確実だ。

 夏場は投手陣の疲れがピークに達する時期だ。投手陣が手薄なだけに、リリーフ投手との交換でイチローのトレードが成立する可能性もある。
 ポストシーズン進出争いに注目が集まる中、イチローの去就を巡って騒がしくなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る