勝つには勝ったが8三振 阪神藤浪が首位巨人の新たな“天敵”

公開日:  更新日:

 昨14日の首位攻防第3ラウンドの阪神先発は、今季19試合目にして初対戦となる藤浪晋太郎(20)だった。阪神の和田監督が打倒巨人の“秘密兵器”を解禁し、先発ローテーションを再編。巨人戦14カード連続で先発中だった能見に代わって、2年目の右腕をぶつけてきた。

 巨人打線は藤浪に7回をわずか3安打。六回には阿部、高橋由、村田が3者連続三振を食らうなど計8三振。阪神ゴメスの拙守からの1点と井端の犠飛の2点に抑えられた。阪神の貧打に助けられて勝ったものの、攻略したとはいえない内容に、原監督は「藤浪へのアプローチ? これからも戦いが続くから伏せておいた方がいい。いずれにしてもいい投手。そう簡単に打ち崩すのは、やっぱりやさしくはない」と話した。

 藤浪が新人だった昨季は3試合で1勝1敗。今季8勝を挙げている成長著しい20歳だけに、巨人のあるコーチは「右打者はあのクロスステップに怖さを感じる上、150キロ以上の球威があってクセ球。上背(197センチ)があってフォークなどの変化球もいい。ウチは大柄(198センチ)のメッセンジャーが打てていないんだから、厄介な投手なのは間違いない」と試合前から警戒を強めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る