• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝つには勝ったが8三振 阪神藤浪が首位巨人の新たな“天敵”

 昨14日の首位攻防第3ラウンドの阪神先発は、今季19試合目にして初対戦となる藤浪晋太郎(20)だった。阪神の和田監督が打倒巨人の“秘密兵器”を解禁し、先発ローテーションを再編。巨人戦14カード連続で先発中だった能見に代わって、2年目の右腕をぶつけてきた。

 巨人打線は藤浪に7回をわずか3安打。六回には阿部、高橋由、村田が3者連続三振を食らうなど計8三振。阪神ゴメスの拙守からの1点と井端の犠飛の2点に抑えられた。阪神の貧打に助けられて勝ったものの、攻略したとはいえない内容に、原監督は「藤浪へのアプローチ? これからも戦いが続くから伏せておいた方がいい。いずれにしてもいい投手。そう簡単に打ち崩すのは、やっぱりやさしくはない」と話した。

 藤浪が新人だった昨季は3試合で1勝1敗。今季8勝を挙げている成長著しい20歳だけに、巨人のあるコーチは「右打者はあのクロスステップに怖さを感じる上、150キロ以上の球威があってクセ球。上背(197センチ)があってフォークなどの変化球もいい。ウチは大柄(198センチ)のメッセンジャーが打てていないんだから、厄介な投手なのは間違いない」と試合前から警戒を強めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る