勝つには勝ったが8三振 阪神藤浪が首位巨人の新たな“天敵”

公開日: 更新日:

 昨14日の首位攻防第3ラウンドの阪神先発は、今季19試合目にして初対戦となる藤浪晋太郎(20)だった。阪神の和田監督が打倒巨人の“秘密兵器”を解禁し、先発ローテーションを再編。巨人戦14カード連続で先発中だった能見に代わって、2年目の右腕をぶつけてきた。

 巨人打線は藤浪に7回をわずか3安打。六回には阿部、高橋由、村田が3者連続三振を食らうなど計8三振。阪神ゴメスの拙守からの1点と井端の犠飛の2点に抑えられた。阪神の貧打に助けられて勝ったものの、攻略したとはいえない内容に、原監督は「藤浪へのアプローチ? これからも戦いが続くから伏せておいた方がいい。いずれにしてもいい投手。そう簡単に打ち崩すのは、やっぱりやさしくはない」と話した。

 藤浪が新人だった昨季は3試合で1勝1敗。今季8勝を挙げている成長著しい20歳だけに、巨人のあるコーチは「右打者はあのクロスステップに怖さを感じる上、150キロ以上の球威があってクセ球。上背(197センチ)があってフォークなどの変化球もいい。ウチは大柄(198センチ)のメッセンジャーが打てていないんだから、厄介な投手なのは間違いない」と試合前から警戒を強めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  6. 6

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  7. 7

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  8. 8

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  9. 9

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  10. 10

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

もっと見る