勝つには勝ったが8三振 阪神藤浪が首位巨人の新たな“天敵”

公開日:  更新日:

 昨14日の首位攻防第3ラウンドの阪神先発は、今季19試合目にして初対戦となる藤浪晋太郎(20)だった。阪神の和田監督が打倒巨人の“秘密兵器”を解禁し、先発ローテーションを再編。巨人戦14カード連続で先発中だった能見に代わって、2年目の右腕をぶつけてきた。

 巨人打線は藤浪に7回をわずか3安打。六回には阿部、高橋由、村田が3者連続三振を食らうなど計8三振。阪神ゴメスの拙守からの1点と井端の犠飛の2点に抑えられた。阪神の貧打に助けられて勝ったものの、攻略したとはいえない内容に、原監督は「藤浪へのアプローチ? これからも戦いが続くから伏せておいた方がいい。いずれにしてもいい投手。そう簡単に打ち崩すのは、やっぱりやさしくはない」と話した。

 藤浪が新人だった昨季は3試合で1勝1敗。今季8勝を挙げている成長著しい20歳だけに、巨人のあるコーチは「右打者はあのクロスステップに怖さを感じる上、150キロ以上の球威があってクセ球。上背(197センチ)があってフォークなどの変化球もいい。ウチは大柄(198センチ)のメッセンジャーが打てていないんだから、厄介な投手なのは間違いない」と試合前から警戒を強めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る