阪神・藤浪の好投支え 新人捕手・梅野は「投手の1番人気」

公開日: 更新日:

 梅野が「的」で、気持ち良く投げられたか。15日の中日戦で藤浪が、1失点のプロ初完投で7勝目をマーク。今季制球難に苦しむ右腕の与四球は2。安定感が光った。

 好投を支えたのは新人捕手の梅野だった。この日は無安打で音無しだったが、七、八回のそれぞれのピンチでは、ベース付近で鋭くワンバウンドする藤浪のカットボールを体でしっかり受け止め、三振で後続を断った。

「ワンバウンドも止めてくれるんで、思い切って投げています」

 梅野を評してこう言ったのは、今季好調を維持する岩田。フォークが武器の左腕にとって、「ワンバンでも何でも思い切って投げてください」と構える新人捕手は、リード面で藤井、鶴岡のベテラン勢に及ばずとも頼りなる女房だ。

 梅野がキャンプから捕球練習の猛特訓を続けてきたのは、投手も知っている。今季の捕逸数は0。チーム関係者からは、「今や投手の1番人気」という声も聞こえてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る