阪神・藤浪の好投支え 新人捕手・梅野は「投手の1番人気」

公開日: 更新日:

 梅野が「的」で、気持ち良く投げられたか。15日の中日戦で藤浪が、1失点のプロ初完投で7勝目をマーク。今季制球難に苦しむ右腕の与四球は2。安定感が光った。

 好投を支えたのは新人捕手の梅野だった。この日は無安打で音無しだったが、七、八回のそれぞれのピンチでは、ベース付近で鋭くワンバウンドする藤浪のカットボールを体でしっかり受け止め、三振で後続を断った。

「ワンバウンドも止めてくれるんで、思い切って投げています」

 梅野を評してこう言ったのは、今季好調を維持する岩田。フォークが武器の左腕にとって、「ワンバンでも何でも思い切って投げてください」と構える新人捕手は、リード面で藤井、鶴岡のベテラン勢に及ばずとも頼りなる女房だ。

 梅野がキャンプから捕球練習の猛特訓を続けてきたのは、投手も知っている。今季の捕逸数は0。チーム関係者からは、「今や投手の1番人気」という声も聞こえてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る